貯金100万円の壁【越えれば上位50%】

貯金を始めてまずぶち当たるのが100万円の壁です。

私は独身時代に貯金100万円を超えたことはありませんので偉そうにいえることはありませんが、試行錯誤しながら夫婦でコツコツ貯めて、2022年2月現在では700万円を突破しました。また、貯める過程で行動も変化させてきました。

今回は貯金をする上でぶち当たる100万円の壁について、100万円を貯めるべき理由やその過程で変えた行動などをお伝えしていければと思います。

貯蓄額のデータと貯金100万円を目指す理由

データによると、金融資産保有額(単身世帯)の中央値が50万円となっております。

中央値とは、保有額を金額順に並べていったときに、ちょうど中央に来た値です。

「家計の金融行動に関する世論調査」[単身世帯調査](2020年)

つまり、半数以上の方が金融資産が100万円未満となっており、100万円以上あれば上位50%以上となります。

100万円と聞くとハードルは低くみられますが、やはりデータ的には100万円を貯めれる人、貯めれない人が分かれる「100万円の壁」が存在しますね。

また貯金ゼロ(金融資産非保有)世帯については、単身世帯の年代別で見ても30%以上となっております。

つまり、年齢が上がったらから貯金できるようになるわけではなく、貯金習慣を身につけられなければ一生貯金できないという残酷なデータです。

ということで、まずは100万円を突破することが貯金習慣を身につける上で大事な別れ目になっているので、貯金100万円を目標とすると良いかと思います。

100万円を貯めるメリット

心の支えになる

1番のメリットは100万円が心の支えになることです。

生活費が20万円なら5ヶ月分ですので、突然働けなくなったり、ブラック会社で辞めざるを得なかったりしたときの生活資金となります。

貯金がゼロであれば、病気になって長期間働けなくなったらどうしよう、生活費がなくてブラック会社を辞めれない、など予測できない未来に不安になります。

しかし、100万円の準備があれば一時的ではありますが仕事を辞めても数ヶ月生活出来るくらいの余裕となりますので不安にならずに日々生活することができます。

人生の選択肢が広がる

貯金100万円があると、人生の選択肢が広がります。

私の経験ですが、以前から朝の準備する時間が減ればいいなと思っていました。

貯金がないときは、お弁当を作る時間なんてないわ!とお弁当を作っておらず毎日外でランチを食べていました。

貯金ができてきたときには、お弁当は節約の為に欠かせないのでお弁当の時間は削れない。しかし、ヒゲを剃る時間が多いから脱毛しよう!という考えになり、脱毛を始めました。脱毛したことで、毎日朝の準備時間が減り他のことに時間を使えるようになりました。これは貯金がなければ始めなかったことでしょう。

何が言いたいかというと、お金はツールであり、貯金があれば人生の選択肢を増やしてくれます。その選択肢から、お金を払って時間を生み出したりすることができます。

お金があると選択肢が広くなり、良い選択をすることでさらに良い方向へ導いてくれます。

貯金習慣が身につく

貯金100万円を達成したときには、貯金習慣が身についています

前述した通り、貯金ゼロ世帯は年齢が上がっても一定割合います。これは若い頃から貯金ができなければ、一生貯金できない習慣になる可能性が高いということが考えられます。そうなってしまうと、老後も不安な毎日を過ごすこととなってしまいます。

貯金をするには、給料から生活費を引いた分を毎月積み立てて継続することで0円→100万円がたまっていきます。そこまでの過程でお弁当を作ってみたり、水筒を持参して缶コーヒーを買うのをやめてみたり、見栄で服を買うのをやめてたりと行動が変化していきます。この行動の変化が大事であり、貯金習慣が自分の体に刻み込まれます。

100万円を達成したときには節約は苦でなくなり、もっと節約してお金を貯めたいという思考になっているでしょう。

100万円貯めたときには自分が変わっている

100万円を貯めた時には、貯金ゼロのときと比べ、お金の使い方などが変わった自分がいるでしょう。

月手取り20万円の人が毎月1割の2万円を貯金したとすると、100万円貯めるのは50ヶ月(4年2ヶ月)かかります。途中で大きな買い物や友人の結婚の御祝儀などイベントがある中で継続して貯金した結果が100万円となります。

これって結構ハードル高いですよね。

貯金ができなかった頃から、毎月2万円を貯金に回し、それを50回継続する。そしたら100万円という数字が通帳に記帳されるとともに、思考や行動が変わってる自分がいます。

自分が変われば、100万円から300万円、500万円は早く達成できます

私たち夫婦も貯金100万円を超えてから、700万円までは約2年で達成できました。自分の行動を変えるのが貯金をする上では必須であり、且つ効果的であることを実感しました。

まとめ:早めに貯金100万円を達成しよう

まとめると、貯金100万円は上位50%以上となり最初の目標とするべき貯金額です。

また、100万円が貯まれば下記のようなメリットが得られます。

  • 心の支えになる
  • 人生の選択肢が広がる
  • 貯金習慣が身につく

貯金100万円は最初は大きな壁ですが、できるだけ早めに達成するのが良いでしょう。

100万円を達成できれば、そこから貯金額は加速していき、次の目標となる300万、500万、1000万と見えてきます。

貯金は収入-支出です。私達は生活スタイルから見直し、ミニマムな生活を心がけて、今でも日々見直しをして貯金額を増やせるような努力をしています。

最初は誰でもゼロから始めることとなりますが、継続することで目標を達成することができます。一緒に貯金を頑張っていきましょう!!

こんな記事も書いていますので参考にしてみてください!

貯蓄500万円を達成して変化した5つのこと

2021.12.13