ファイナンシャルリテラシーを勉強するべき3つの理由【無料講座あり】

スポンサーリンク



「ファイナンシャルリテラシーって何?どうやって勉強したらいいの?」

こんな疑問に答えていきます。

 

ファイナンシャルリテラシーとはお金の知識です。

これからはお金の知識が必要な時代です。お金持ちにはなりたいけど、お金について何にも知らない・・・ではお金持ちにはなれません。

それどころか、貧乏人になってしまいます。

社会人になったら、まずお金の知識を身につけるべきです。

なぜお金の知識が必要か理由を記事にしましたので、参考にしていただければ幸いです。

 

>>「お金の教養講座」を申し込む

※無料WEBセミナー開催中(自宅でOK)

①ファイナンシャルリテラシーは一生もの

ファイナンシャルリテラシー(Financial Literacy)とはお金の知識であり、一度学べば一生使えますし、役立つ知識です。

このファイナンシャルリテラシーをいつ学ぶかで人生が変わります。もちろん早ければ早いほうが良いでしょう。

若い段階で、お金の使い方、守り方、増やし方、稼ぎ方を学んでおけば人生で困ることはないでしょう。

しかし、学校では教えてくれないですし、親もわかっていないければ一生学ぶことはありません。つまり、自分から行動するしかないんです。

一生に一度の人生をお金で苦しみたくないのであればファイナンシャルリテラシーを学びましょう。

②お金を守る力・増やす力が必要な時代

日本人は特にお金を守る力と増やす力を学ぶ必要があります

  • お金を守る力=騙されない知識
  • 増やす力=正しい投資

お金の知識がないのでリボ払い破産、住宅破産、生命保険貧乏、不動産投資詐欺などで苦しむ人が多い状況です。正しい知識があれば、詐欺のように騙されないですし、自分のお金を守ることができます。

また日本人は投資をしている人が少ないので圧倒的に増やす力がありません。

r > g

この不等号はご存知でしょうか?

r(資本収益率)は、g(経済成長率)よりも大きいというトマ・ピケティが唱えた不等号です。

わかりやすい例としては、資産を持っていればより裕福になり、労働で稼ぐ富しか得られない人は貧しくなり、お金持ちと貧乏人の二極化になるということです。

つまり、資産を持たないと一生貧乏人になるということです。

稼いだお金を消費や浪費にすべて使っていたら一生ラットレースから抜け出せず、貧乏人のままです。しかし、コツコツと株などの資産を増やしていけば裕福になっていくよということです。

日本人は現金(労働で稼ぐ富)しかない人がほとんどですので、お金持ちと貧乏人の二極化が進みつつあります。

ですので、一般人であっても資産を作る必要があります。

【簡単】米国高配当ETFの買い方を解説【少額からでもはじめよう】

2020.05.06

貧乏人とお金持ちの違いは?→お金持ちは○○を買っている

2020.05.05

③消費者脳になり、お金に支配されている

現代人は消費することが大好きな脳になっています。

これは時代の流れですので仕方ないのですが、主な原因は広告とストレス社会です。

電車の中には広告、テレビではCMやテレビショッピング、インターネットサーフィンをしていても広告が至る所にあります。広告は人間お潜在意識にはたらきかけて、思わず購入させるような脳にしてしまうとんでもないモノです。

働いたお金が、携帯ショップの社員、生命保険の社員、娯楽施設の社員の給料となり、自分に何も残らなく、生活が回らなくなっているというような事も起きます。

この仕組みを意識しないと消費者脳となり、モノを買い続けて、クレジットカードの支払いに追われることになり、一生ラットレースの中をグルグルと回り続けることになります。

消費することでストレス解消にはなりますが、モノを買って幸せにはなれません。資産形成をすることでストレス社会から脱出したほうが幸せになれると思います。

広告にコントロールされていることに気がつき、お金に支配されないようにお金の知識をつけるべきです。

ファイナンシャルリテラシーの勉強方法は?

ファイナンシャルリテラシーの勉強法は、マネー系の書籍を数冊読むことです。

お金の本を読むことに抵抗がある人もいるかもしれませんが、2冊くらいは読みましょう。

このあたりに本を読むと書いてあることがほとんど同じことが書いてあるのでそれが本質です。

 

僕は書籍だけではなくセミナーも受けていきました。

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」という無料セミナーですが、貯金の方法を教えてもらいました。有料講座もありますが、無料講座で十分です。

このセミナーの方法で自動で毎月貯金ができるようになり最初の難関100万円の壁を超えることができました。貯金できていない人はセミナーを受けましょう。

 

>>「お金の教養講座」を申し込む

※無料WEBセミナー開催中(自宅でOK)

まとめ:ファイナンシャルリテラシーは早くから身につけるべき

上記3つの理由で、ファイナンシャルリテラシーはできるだけ若いうちに身につけるべきです。

日本では、お金について正しい知識を教えてくれる環境がありません。

日本では「お金は悪だ」とかいう宗教もありますが、あくまでもお金はツールであって良いも悪いもありません。

正しい知識をもって、お金に振り回されない人生を送るためにはお金の知識は必要です。これは自分で勉強するしかありません。

セミナーは詐欺まがいの有料商材を売られたりするので注意が必要ですが、書籍やセミナーなどを利用してご自分で勉強してみましょう。少し勉強するだけで人生が代わりますので。

いまさらお金の勉強?もっと早く知っておけばよかった・・・と落ち込んでいる方も今日が一番若い日です。早速行動してお金持ちに一歩近づきましょう。

 

>>「お金の教養講座」を申し込む

※無料WEBセミナー開催中(自宅でOK)

Sponsored Links