サイトマップを見る

ファイナンシャルリテラシーを勉強するべき3つの理由【無料講座あり】

ファイナンシャルリテラシーって何?

と思われる方もいらっしゃると思いますが、僕も社会人になる前は言葉も聞いたことがありませんでした。

ファイナンシャルリテラシーとはお金の知識です。

これからはお金の知識が必要な時代です。お金持ちにはなりたい!けど、お金について何にも知らない・・・ではお金持ちにはなれません。

それどころか、貧乏な人生になってしまいます。

社会人になったら、まずお金の知識を身につけるべきです。

なぜ知識が必要か理由を記事にしましたので、ご一読ください。

お金の知識について考えてみよう!

しんたま

 

>>「お金の教養講座」を申し込む
※無料講座             
※東京・神奈川・名古屋・大阪にて開催

理由1:ファイナンシャルリテラシーは一生もの

ファイナンシャルリテラシーって何?と思われる方もいらっしゃいますが、私も社会人になるまで知りませんでした。

Financial Literacy = お金の知識」です。

僕らは、義務教育の小学校、中学校でお金について学ぶことはなく、もちろん高校・大学でも教養としてお金を学ぶことはありません。

しかし、お金は生活には欠かせないモノ

これって矛盾してると思いませんか?

一生付き合うお金について学んで来ていない私たちはお金の事を何も知りません。果たしてそれで良いのでしょうか。

僕は子どもの頃から金遣いが荒く、学校からの帰りには買い喰いをして帰ったり、ほしいものはすぐ買ったりとお金に関して、あれば使うという感覚でした。

お金は商品と交換するものというだけの認識であり、”お金について学ぼう”と思ったことはありませんでした。大学生になり、バイトをしたお金はほしいものや飲み会に消えて、貯金は0円。

今思えば、ファイナンシャルリテラシーがあれば、貯金・投資などお金を資産にするような使い方ができていたかもしれません。

しかし、一生付き合っていく事ですので学べば学ぶ程自分の人生に影響するもので、学んで損はないはずです。

ということで、お金って何?どうやって使えばいいの?という基本から身につける必要があります

理由2:守る力・増やす力が必要

まず、現在の日本はマイナス金利ですので、勝手にお金が増えることはありません。そして、サラリーマンであれば昇給はほとんど期待できなくなってきました。

ですので、ファイナンシャルリテラシーである守る力と増やす力を学ぶ必要があります

メモ

●お金を守る力=節約

●増やす力=投資

このように言い換えることができます。

節約といっても、野菜を1円でも安く買うためにスーパーをはしごするような非効率なやり方ではなく、固定費を削減する方法です。

例えば、スマホを格安SIMに変えてば月5000円・年間60000円くらい節約が可能です。インターネットもひとり暮らしなら固定回線→モバイルWi-Fiにすれば、年間20000円ほど安くなりますし、持ち運びも可能です。

このように、大きな固定費を削っていけばお金が浮いてきます。

この浮いたお金を投資に回していきます。

しかし、投資については十分注意が必要です。

「必ずお金が増える◯◯◯」とか、「元本割れなし!」とかは怪しいですね。投資に絶対はなく、リスクゼロの投資はありえません。投資は余裕資金でリスクをとって増やしていくものです。

怪しいセミナーには引っかからないようにしてください。

自分でいろいろ調べて、自分にあった投資をしていきましょう。初心者ですと、投資信託などの長期投資が一般的ですので参考にしてみてください。

理由3:消費者脳になっている

給料日後の週末のショッピングセンターは大変賑わっていますよね。みんな、消費することが大好きな脳になっているからです。

消費することがストレス解消になっていたり、何も欲しくないのに何か買わないととムダなモノを買ってしまうような脳になっています。

少し気を緩めれば、電車の中には広告、テレビではCMやテレビショッピング、インターネットサーフィンをしていても広告が至る所にあります。広告は人間お潜在意識にはたらきかけて、思わず購入させるような脳にしてしまうとんでもないモノです。

働いたお金が、携帯ショップの社員、生命保険の社員、娯楽施設の社員の給料となり、自分に何も残らなく、生活が回らなくなっているというような事も起きます。

この世の中の仕組みを意識しないと消費者脳となり、モノを買い続けて、クレジットカードの支払いに追われることになってしまいます。

やはり、お金はなんの為にあるのかということを今一度考えたほうが良い時代だと言えます。

ファイナンシャルリテラシーの勉強方法は?

では、ファイナンシャルリテラシーの勉強方法は、あるのかと言われれば明確にはありませんが、まずはマネー系の書籍を片っ端から読むことをおすすめします

おすすめの書籍を貼っておきますので、まずはここから勉強していきましょう。

 

セミナー系でいうと、ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」の無料講座を受けてから貯金ができるようになりました。有料講座もありますが、無料講座で十分です。

他にも税金セミナーや不動産投資セミナーなどを受けてみましたが、商品を売るようなセミナーですのであまりおすすめしません。

 

上記書籍と「お金の教養講座」を受けたら、あとは実践あるのみです。

僕のブログでも、資産運用や節約関連の記事を書いてますので、他の記事も参考にしてみてください😄

 

>>「お金の教養講座」を申し込む
※無料講座             
※東京・神奈川・名古屋・大阪にて開催

 

関連記事【無料体験】お金の不安を解決!ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」の体験レビュー。

まとめ:ファイナンシャルリテラシーは早くから身につけるべき

繰り返しですが、ファイナンシャルリテラシーは早くに身につけるべきです。早ければ早いほど良いでしょう。

日本人は、お金は汚いもの、悪いものという意識があり、他人とはお金の話をほとんどしないし、勉強もしないでしょう。そこが一番のウィークポイントです。

普段からお金の話をして、増やし方・守り方などお金に関する事いにアンテナを貼り自分の人生を守る人がこれから生き残っていく時代です。年金はもらえるかどうかという将来見えない時代でもありますが、ファイナンシャルリテラシーを日々身につけ、自分の人生は自分でコントロールしていかなくてはならない時代なのです。

 

>>「お金の教養講座」を申し込む
※無料講座             
※東京・神奈川・名古屋・大阪にて開催