【カーシェア】タイムズカープラスのメリット・デメリットは?6年間使ってわかったお得な使い方を解説。

タイムズカープラス

 

✓ポイントを解説

●いつでも借りれる、いつでも返せる

●借りれるステーションが多い

●手続きが超ラク

●短時間(15分〜)の利用が可能

●マイカーより維持費が安い

 

突然ですが、あなたは車があったらどこにいきたいですか?

 

僕は大阪に住んでおり、車をもっていません。大阪では、遊びにいくのも電車があれば十分。

車を所有したいという欲求もないし、所有コストも大きくかかるので夫婦2人であれば車を持つメリットはないと思っています。

 

ただ、僕ら夫婦はよく淡路島にいきたくなります。ゆったりした島をドライブしたくなるんです。

さすがに車でいかないと楽しくないので、車を借りてドライブにいくのですが、そのときにタイムズカープラスのカーシェアリングサービスを利用しています。

 

なぜ、レンタカーではなくカーシェアリングを使っているのか?

 

それはレンタカーよりカーシェアが圧倒的に便利だからです。

 

カーシェアは、自転車のように簡単に借りれて、タクシー以上に便利なサービスです。

 

「車はもってないけど、どこかに出かけたい。でも、レンタカーはめんどうだ・・・」

と思っているあなたにカーシェアをおすすめします!

 

カーシェアを使えば、気軽に遠くまでドライブにいけます。

 

僕がタイムズカープラスのカーシェアを使いはじめてから約6年が経ちましたので、カーシェアリングのメリット・デメリット・使い方などをご紹介していきます。

ごゆっくりご一読ください。

 

\一番ステーション数が多いカーシェア/

カーシェアリングとは?

車を借りるにはレンタカーがメインでしたが、技術の発達によりカーシェアリングがここ最近、急速に普及しはじめました。

カーシェアリングは、指定のステーションにおいてある車をネットで空き時間を確認し、予約して借りれるシェアリングサービスです。

15分単位で乗った分だけ料金を支払うので、少しの時間でも効率的に利用できます。

シェアリングサービスが一般化してきて、自分の車を他人に貸すような個人間で貸し借りできるサービス「Anyca(エニカ)」も登場しています。

 

車以外にも、シュアハウスのように家をシェアする人も増えてきました。

airCloset 」のサービスのように服もレンタルする時代。

使っていない部屋(空間)を物置きとして貸し出す「モノオク」もシェアサービスのひとつですね。

 

使いたいときにだけすぐ利用できるのと、使った分だけの支払いなので、所有するより安価に利用できるという理由から、シェアサービスが増えてきています。

カーシェアリングのメリットは?

●いつでも借りれる、いつでも返せる

 

●借りれるステーションが多い

 

●手続きが超ラク

 

●短時間(15分〜)の利用が可能

 

●維持費が安い

タイムズカープラスでの利用を例にして、ひとつずつ説明していきます。

いつでも借りれる・いつでも返せる

24時間365日、いつでも車を借りることができ、返却時間はいつでもOK。

カーシェアリングは無人営業ですので、「夜借りて、次の日の夜返却する」など時間帯にかかわらず車が利用できます。

レンタカーのように店舗の営業時間を気にする必要がありませんので、返却時間が分からないときはカーシェアリング使えますね。

借りれるステーションが多い

現在、タイムズカープラスのステーションは約9000箇所(2018年5月現在)と借りれる箇所が多いのがカーシェアリングの特徴です。

レンタカーは店舗型運営のため、事務所スペースと駐車スペースが必要となります。

カーシェアリングは駐車場に数台のカーシェアリング車が駐車されているだけで、店舗を必要としません。
駐車場が店舗となるのでステーションの数がどんどん増えています。

僕の家から300m以内に7箇所もタイムズカーシェアが借りれます。

レンタカー店舗は?というとひとつもありません・・・

手続きが超ラク

カーシェアはサッと借りて、サッと返せます。

レンタカーを借りるときには、僕にとってかなりのストレス。
予約と店舗で借りる手続きが必要となり、免許証の提出や事故の際の説明など5〜10分くらいかかります。

カーシェアリングの予約手続きはスマホ・パソコンで1分でできますし、借りるときはカードをピッとかざすだけ。時間にして1秒。

あとは、運転前に自分で車体の傷チェックするだけですので、ストレスフリー!

短時間(15分〜)の利用が可能

タイムズカープラスでは15分単位で料金設定されており、短時間の利用が可能です。

雨が降っているから買い物に行くためにちょっと借りようかなとか、こどものお迎えにだけ少し借りようかなとか、ちょこっと使いたいときに短時間の利用ができるのは良いですよね。

維持費が安い

タイムズカープラスは月会費1,030円で利用可能です。あとは使った分だけ請求にプラスされます。

ガソリン代や保険、車検、駐車場代など所有するとかかる維持費がカーシェアはかからないので、家計に優しいサービスです。

タイムズカープラスは月会費1,030円ですが、1,030円分の利用分が無料になるので実質無料。
カレコ・カーシェアリングも月会費980円のところ、利用分からひかれるので実質無料となっています。

dカーシェア(オリックスカーシェア)は月額費用は無料!しかし、まだステーションは少ないのがデメリット。
月額費用は無料ですので、サブとして登録しておくと便利です。

 

関連記事

NTTドコモ『dカーシェア』のメリット・デメリット丨登録方法から使い方を詳しく解説。

カーシェアリングのデメリットは?

●乗り捨てできない

 

●長時間・長距離の利用はレンタカーのほうが安い場合がある

 

●ステーションがない地域がある

乗り捨てできない

カーシェアは借りた場所に返却しなくてはいけないので車の乗り捨てができません。

乗り捨てしたいのであれば、レンタカーを使うのがおすすめです。

タイムズカープラスdカーシェアに登録しておけば、レンタカーも安く利用できます。
用途にあわせて使いこなしましょう。

長時間・長距離の利用はレンタカーのほうが安い場合がある

長時間・数百km走る長距離利用の場合はレンタカーのほうが安くなる可能性があります。

タイムズカーシェアと日本レンタカーを比較してみましょう。

 

■条件:車種=フィット/24時間利用/燃費25km/l/ガソリン1L 120円

利用時間:24時間

タイムズカープラス 日本レンタカー
250km
走行

24時間パック:8,230円

距離料金:16円x250km

= 12,230円

24時間パック:8,747円

ガソリン代:120円x10L

=9,947円

500km
走行

24時間パック:8,230円

距離料金:16円x500km

=16,230円

24時間パック:8,747円

ガソリン代:120円x20L

=11,147円

24時間利用の場合は、レンタカーのほうが安い結果となりました。

距離料金が16円/kmですので、1Lあたり25km走れる車は実質ガソリン1L=400円と割高となります。

単純な価格の比較だけですと、長距離を走る場合はレンタカーに軍配が上がります。

 

 

つぎに、36時間利用の場合をみてみましょう。

■条件:車種=フィット/燃費25km/l/ガソリン1L 120円

利用時間:36時間

タイムズカープラス 日本レンタカー
250km
走行

36時間パック※1:11,000円

距離料金:16円x250km

= 15,000円

24時間パック+1日延長:15,876円

ガソリン代:120円x10L

=17,076円

500km
走行

36時間パック※1:11,000円

距離料金:16円x500km

=19,000円

24時間パック+1日延長:15,876円

ガソリン代:120円x20L

=18,276円

結果的に、走行距離によって金額の優劣が変わってきますが、やはり長距離を運転する場合はレンタカーのほうが安くなりそうです。

 

このように、カーシェアよりもレンタカーのほうがコスト面で安い場合もでてきます。

ただ、遠出の場合も返却時間に迫られたくないので利便性を考え、僕はカーシェアを利用しています。

 

※1・・・「36時間パック」は対象ステーションのみのサービスです。

ステーションが全くない地域がある

地域によってはカーシェアが全くない地域もあります。

ちなみに僕の地元(茨城県)の田舎にはほとんどカーシェアはありません。
田舎は車社会ですので、使う機会が少ないからだと思います。

大きなデメリットではないですが、近所に使える場所があるか確認しておくと良いでしょう。

おすすめのカーシェアリングサービスは?

カーシェアリングはいくつかありますが、多くの方が使えそうなのは以下の3つのサービスです。

それぞれ特徴がありますが、僕がメインで利用しているのがタイムズカープラスです。

理由としては、圧倒的にステーション数が多いから。

 

サービス名 ステーション数
タイムズカープラス 9,091
dカーシェア(オリックスカーシェア) 1,531
カレコ・カーシェアリングクラブ 1,676

上の表をみていただくとわかりますが、やはりタイムズの駐車場が多いのでステーション数も必然的に多くなるはずです。

いくら気軽に使えるとしても、近くにカーシェアのステーションがなければ便利ではありません。

まずカーシェアを利用するなら、一番ステーション数が多い、タイムズカープラスがおすすめです。

 

 

 

僕は、サブとして月額費用無料dカーシェア(オリックスカーシェア)に登録しています。

タイムズカープラスがないところや予約で使えないのをカバーするのと、乗りたい車があったりするので、使い分けで利用しています。

初期費用・月会費0円なので登録しておいて損はしないでしょう。

 

 

\無料会員登録をする/

タイムズカープラスの使い方

ここからはメインで使っているタイムカープラスの使い方を説明していきます。

dカーシェア(オリックスカーシェア)でも基本的な使い方は同じです。

予約

まずは、ネットから予約をしましょう。

①借りたい場所を検索

利用したい場所(駅名、地名など)を検索し、タイムズカープラスのステーションを選択。

 

②空いている時間・車種を確認

次に、選択したステーションで車の空き状況を確認します。

青色ラインになっている時間は予約が空いています。

メンテナンスなどをしているので予約できないことがあるので注意。

 

③車種・料金プラン・利用日時などを入力して完了

車種・料金パック・利用時間などを入力して、確定すれば予約が完了です!

 

ゆっくりやっても、3分かからないくらいで予約ができます。

ステーションに行く

予約ができたら、予約したステーションにいきます。

利用時間の15分前から鍵を開けれるので、車体の傷チェックなどを出発前に終わらせましょう。

車の鍵を開ける

カードをかざす装置が車両後方についています。

目印は「TOUCH」です。

利用開始時間15分前から赤いランプが点滅しはじめます。

赤いランプが点滅していれば使えますので、カードをかざして鍵を開けましょう。

「ガチャッ」と音がなったら鍵が開くので、車内に入れます。

車の鍵を取り出す

車内に入れたら、まず車の鍵を取り出しましょう。

鍵の場所は、助手席前のダッシュボードに入っていると思いますので、引っこ抜いてください。

エンジンがかけられるようになりますので、ドライブを楽しみましょう!

パーキングブロックを設置する

車を駐車スペースから出したら、パーキングブロックを元の位置に戻しましょう。

駐車場を利用する他の人が車を止めないようにするためです。

 

僕は一度、このパーキングブロックを設置せずに出てしまい、一般車が止められていることがありました。

ペナルティになる可能性もあるので、しっかりとパーキングブロックは設置しましょう。

駐車場を出る

バーが降りるパーキング内に車両がある場合は、駐車パスカードを使って出ます。

駐車パスカードは、ハンドル上のサンバイザーのところに入ってます。

精算機に入れるとバーがあがり、パーキングから出られます。

パスカードは精算機から返却されるので取り忘れにご注意ください。

返却

使い終わったら、借りたステーションに返却をします。

エンジンを切り、ダッシュボードに鍵を直します。

あとは、カードで車の鍵を閉めれば返却完了!

お疲れ様でした♪

カーシェアのお得な使い方

僕はお得に利用するために、下記のような使い方をしています。

ぜひ参考にしてみてください。

15分前から利用可能

利用時間の15分前から利用できます。

車体の傷や車内の確認、ちゃんとエンジンがかかるかなどの準備時間にあてる時間となります。

この時間は無料ですので、準備時間に5分かかったとしても残りの10分はプラスで利用できます。

実はこの利用時間前の15分以内の利用なら、料金はなんと0円!

ちょっとしたお迎えなどであれば、この貴重な15分を有効活用すればお得になりますよ。

電車+カーシェアで移動費用と時間を節約

僕らが淡路島にいくときは、大阪→淡路島を車で移動するのではなく、大阪→新長田駅まで電車で移動し、新長田駅前のステーションで車を借りてます。

なぜこのようなことをしているかといえば、高速料金と距離料金、移動時間がかかるからです。

神戸付近まで電車で移動すれば、淡路島まで車を使う距離が短くなりますので、高速料金をおさえることができます。

さらに、みんなが嫌いな渋滞に巻き込まれる時間も短くなります。

少し遠方にいくときは、近くの駅にタイムズカープラスのステーションがある駅で下車するようにしています。

カーシェアはステーション数が多いので、このような使い方はできるのがメリットですね。

洗車をして、駐車料金を節約

洗車をすると15分の割引が適用されます(ショートパックのみ割引適用)。料金は車内に入っている「給油・洗車カード」で支払いができます。

しかし、この洗車割引が目的ではなく、駐車料金が節約するのが目的です。

 

大阪市内や東京都内など、土地が高い場所では駐車料金って15分500円とかありますよね。

1時間買い物のために駐車すると駐車料金だけで2000円になります。

そのとき、近くのガソリンスタンドで洗車をお願いするとガソリンスタンドで車を預かっててくれてます。手洗い洗車の場合、30分〜40分かかりますのでその間に買い物を済ませたりできますよね。

支払は給油・洗車カードですので自分は一切お金を出しません。

ガソリンスタンドに車を預ける時間は常識の範囲内ですが、駐車料金がかからずに利用できるひとつの方法です。

まとめ

6年間使ってみて、カーシェアリングサービスは素晴らしいの一言です。

おかげさまで、淡路島のはなさじきを気軽に観に行くことができます。

大きな買い物でちょっと車使いたいな、という時も「じゃぁ車使おうよ!」と軽く言えます。

友達が遊びにきていて終電がなくなったときに、カーシェアで家まで送ってあげることもできます。

 

いままで、「車がなくて遠方にいけなかった」とか、「レンタカーを借りるのがめんどくさかった」という人も、カーシェアなら「少し遠方に出かけてみようかな」となるはずです。

 

カーシェアを試してみたくなりましたか?

 

タイムズカープラスでは、お試しで2ヶ月無料のキャンペーン中です。お試しで利用してみたい方は下記公式サイトよりお申込みをしてみてください♪

\一番ステーション数が多いカーシェア/

 

 

有料はちょっと・・・という方は、僕がサブで使っている月会費無料dカーシェア(オリックスカーシェア)をおすすめします。

\無料会員登録をする/

 

あなたもカーシェアを使って”生活をより便利”に、そして”ドライブをもっと楽しく”してみませんか?

ぜひコメントいただければ幸いです!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.