Bitbank(ビットバンク)のメリット・デメリットを解説!リップルなどのアルトコインを扱う仮想通貨取引所

bitbank

どうも、社畜リーマンしんたま(@shintamalog)です!

日本には仮想通貨交換業者・登録完了済みの会社が16社もあり、それぞれの会社に特徴があります。

■登録完了済みの会社(一部)

QUOINEX
bitbank
ビットポイント
GMOコイン
ビットトレード
ビットフライヤー
Zaif
DMM bitcoin

などです。

今回は、日本で人気通貨「リップル(XRP)」の取引高1位の仮想通貨取引所『bitbank』をご紹介していきます。

Bitbank(ビットバンク)とは?

会社概要

社名 ビットバンク株式会社
住所 〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F
設立 2014年5月
役員 代表取締役CEO 廣末紀之
資本金 11億3100万円(資本準備金含む)
業務内容 仮想通貨関連事業

2017年9月29日に、bitbankは金融庁に正式に仮想通貨交換業者として登録されました。

取引銘柄

現在、bitbankでは6種類の通貨を扱っています。

人気コインのリップル(XRP)も取り扱っています。

bitbankは、リップル(XRP)の取引高が世界1位となりました。

リップル(XRP)ユーザーが多い取引所ですので、リップルを購入するならbitbankがおすすめです。

Bitbankのメリットは?

取引手数料が無料

2018年6月30日まですべての通貨が取引手数料無料となっております。

売買が多いと手数料もバカになりませんので、無料はうれしいですね!

6月30日以降は手数料が発生しますので、公式サイトで最新の手数料を確認しておきましょう。

安心・安全のセキュリティ

bitbank高度なセキュリティが特徴です。

  • 2段階承認
  • マルチシグネチャを採用
  • コールドウォレットへの保管
  • BitGoと連携し、ホットウォレットの安全性も確保

と、セキュリティ面は安全性が高いです。

 

僕は、NEM流出事件を機にセキュリティ面で安全なbitbankにリップルを移しました。

やはり資産を守ってくれる取引所が一番です。

チャートが見やすい

世界のトレーダーが利用している多機能チャートTrading Viewを採用!

使ってみるとわかるのですが、見やすいし、使いやすいチャートです。

テクニカル分析につかう「ボリンジャーバンド」「MACD」「移動平均線」などの表示ができます。出来高もチャートの下に表示されているのもいいですね。

Trading Viewを採用しているのはbitbankだけですよ〜😆

追証なし・レバレッジ20倍取引も可能

bitbankビットバンクトレードというサービスも運営しており、20倍までレバレッジをかけたビットコインFX取引も可能です。

追証無しなので、手持ち資金以上に損をすることがありません。

1BTC=100万の場合、証拠金5万で購入できるので資金効率よく取引が可能です。

ただし、ビットコインはボラティリティ(価格変動の激しさ)が大きいので、余剰資金でやりましょう。

ちなみに僕は、ビットポイントでビットコインFXの取引をしています。ビットポイントはトレードツール『MT4』が利用できるので、MT4を使いたい方へはおすすめです。

 

関連記事

仮想通貨をはじめるなら取引所BITPoint(ビットポイント)がオススメ!メリット・デメリットを解説。

アプリ完全対応

bitbankはiOS、Androidに対応したアプリを配信しております。

スマホでもチャートは見やすく、取引もさっと簡単にできるので、アプリで完結できます。

Zaifはよく使う取引所のひとつですが、アプリがないのが痛い・・・
購入した後に、スマホで取引するのがめんどくてほったらかしですね笑

ということで、アプリに対応しているのが大きなメリットです。

bitbankのデメリットは?

取引が成立しにくい

bitbankは、Zaifやbitflyerに比べ、ユーザーが少ないため、買いたい人と売りたい人の取引が成立しにくいです。

よって買いたい価格・売りたい価格で売りたい場合になかなか買えない・売れない場合があります。

僕は指値で買うことが多いので別に不満は感じてないですが、ビットコイン・イーサリアムなどの基軸通貨になるものはZaifなどのほうがおすすめです。

リップル(XRP)に関しては、bitbank取引高1位ですので、他の取引所よりも取引成立しやすいでしょう。

口座開設

bitbankの口座開設の手順を説明していきます。
運転免許証・パスポートなど本人確認書類を準備しておくとスムーズです(^^)

公式サイトからメールアドレスを登録

まずは、bitbankへアクセスします。

TOPに新規登録の画面がでてきますので、「メールアドレス」を入力し、『新規登録』をクリックします。

登録したメールアドレスに、登録手続きのメールが届きますので、本文に記載されているURLにアクセスしてください。

パスワード登録

URLにアクセスしたら、パスワードを登録します。パスワードはわかりやすいものでなく、難解なパスワードにしましょう。

ここで、「利用規約」「取引ルール」「リスク事項」をしっかり読み、同意の上でチェック欄にチェックをいれましょう。

個人情報入力

個人情報を入力していきます。

登録者の氏名・住所を入力していきます。

必ず、本人確認書類と同じ氏名・住所で登録してください。

 

「取引の目的」と「職業」を入力していきます。

「外国の重要な公人」かどうかのチェック欄を確認し、[登録]をクリック。

これで、基本情報登録が完了です。

そのまま、[本人確認資料のアップロードに進む]をクリックしてください。

 

本人確認書類のアップロード

次に本人確認書類のアップロードを行います。

提出する本人確認書類は下記のいずれかです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

提出書類の種類を選択肢、確認書類の表と裏の画像を選択し、[アップロードする]をクリックして完了です。

あとは、確認ハガキが届くのを待ちましょう😁

ハガキ到着・取引開始

1週間くらいで確認ハガキが届きます。

「暗証番号」が書いてありますので、ログイン後に暗証番号を入力すれば取引開始できます。

以上が、口座登録の手順になります!

まとめ

僕はリップルを購入するためにbitbankの口座開設しました。

やはりリップル(XRP)の取引高世界1位の取引所ですので、スムーズな取引ができます。

チャートの多機能のTrading Viewを採用しているのは、bitbankだけです。

口座開設も簡単ですので、この機会に登録しておきましょう!

ぜひコメントいただければ幸いです!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.