仮想通貨をはじめるなら取引所BITPoint(ビットポイント)がオススメ!メリット・デメリットを解説。

どうも、社畜リーマンしんたまです!

日本には仮想通貨交換業者・登録完了済みの会社が16社もあり、それぞれの会社に特徴があります。

■登録完了済みの会社(一部)

QUOINEX
bitbank
ビットポイント
GMOコイン
ビットトレード
ビットフライヤー
Zaif
DMM bitcoin

などです。

今回は、仮想通貨をはじめようとしている方におすすめ仮想通貨取引所である「ビットポイント」をご紹介していきます。

ビットポイントとは?

会社概要

会社名:株式会社ビットポイントジャパン
代表者:代表取締役社長 小田 玄紀
所在地:〒106-6236 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー36階
設立日:2016年3月3日
資本金:44億3,000万円(2018年4月時点)
主要株主:株式会社リミックスポイント

ビットポイントジャパンは、東証二部上場のリミックスポイントの子会社です。

リミックスポイントでは、電力事業、エネルギー事業、省エネ関連事業、自動車事業と、これから法整備が整ってくるであろう事業をおこなっています。

もともと金融事業もやっていたのですが、金融事業の会社としてビットポイントジャパンを設立し、その中のひとつが仮想通貨という流れです。

44億の資本金があり、もしも何か起きたときの体力はかなりある会社です。

取扱銘柄

ビットポイントは現在5種類の通貨を扱っています。

この5種類は仮想通貨で時価総額TOP5のメジャーな通貨です。

ビットポイントでは時価総額が高く、流動性のある通貨を扱っているのがポイント。

僕の好きなリップル(XRP)もビットポイントで購入できます!

ビットポイントのメリットは?

メリット

証券会社レベルのセキュリティで安心

売買時のスプレッド差が狭い

手数料・送金・受金が無料!

MT4でのレバレッジ取引が可能

セキュリティ面の安全性が高い

ビットポイントは高度なセキュリティが特徴です。

CoincheckはハッキングされてNEMが大量に流出し、大事件になりました。

ビットポイントは大手証券会社システム管理出身の方がおられて、証券会社レベルのセキュリティ体制をとっています。

主に下記のようなセキュリティ対策をしています。

・コールドウォレット、ホットウォレット、ウォームウォレットでの管理

・マルチシグ対応

・2段階承認

・資産移動時に認証番号入力

・すべてのセキュリティはビットポイント独自アルゴリズムにて管理(秘密鍵が漏洩しても解読が不可能)

など、セキュリティ面では問題ない取引所です。

ビットポイント:当社の情報セキュリティ管理態勢について

スプレッドが狭い

スプレッドとは、「売り」と「買い」の価格差です。

このスプレッドの差が狭いほうが良いのは明らかですが、ビットポイントはほかの取引所と比べスプレッド差はかなり狭いのが特徴です。

こちらの画像は、同じタイミングでのGMOコインとビットポイントの購入画面です。

リップル(XRP)の売買価格をみていただきますと、GMOコインは売買価格差が約9円ですが、ビットポイントはなんと0.49円です。

スプレッド差の狭い取引所を使ったほうが売買時には有利ですので、その点でビットポイントはかなり優良な会社です。

スプレッド差も狭いですが、買いの価格も他の取引所とくらべて安いです。

2%くらい安いので、100万円買おうとすると買った時点で2万円の差になりますので、かなり大きいですよ。

手数料と仮想通貨送金・受金が無料

ビットポイントは、ほぼすべての手数料が無料です。

値動きが激しい仮想通貨は、どうしても頻繁に売買をすることになります。

その際にかかる手数料を気にせずに売買ができます。

また、仮想通貨の送金・受金が無料です!ビットポイント社が費用を負担しているので、無料はありがたい。

 

ここで、”ほぼすべて”と表現したのは、ビットポイントFX取引時には別途、スワップ費用と建玉管理費用が発生します。

ちなみに僕はビットポイントFX取引をしていますが、建玉管理費はもっている通貨量で違いますが、0.01BTCで3円です。

スワップ費用は、BTC建玉の評価額に対して、0.035%かかってきます。

MT4が使える

世界中で愛されているトレーディングツール、MetaTrader4(MT4)がビットポイントFX取引(レバレッジ取引)で利用できます。

日本の仮想通貨取引所ではMT4を使える業者はビットポイントしかありません。

僕もMT4をつかってFX取引をしておりますが、下のようにスマホアプリでもチャートが見やすいです。

もともとレバレッジ取引を為替でやっている方はご存知だと思いますが、MT4はEAという自動売買プログラムが使えます。

自動売買プログラムを使ってほったらかしにしても決められたプログラムで売買して利益を上げてくれますので、少しマニアックな使い方もできるのがMT4の特徴です。

実はこのMT4で自動売買プログラムを動かすためにビットポイントを僕は利用してます。

アプリに対応

iOSに対応したアプリで取引やチャート表示、資産の確認ができます。

コインの売買も簡単にできるので、売買のタイミングも逃しません。

アプリでいうと、コインチェックのアプリが一番使い安いのですが、この4月にビットポイントもアプリも出たことにより、ビットポイントでの売買も加速するでしょう。

ビットポイントのデメリットは?

取引銘柄が少ない

取引銘柄は5種類となっており、他の取引所よりも取引銘柄が少くない印象があります。

しかし、ビットポイントは時価総額が大きいトップ5の銘柄を扱う意図は、みんなが買う銘柄だということです。

みんなが買う銘柄は価格の上昇が大きくなる素質をもっています。新しく参入する人も間違いなくメジャー通貨は購入するでしょう。

ですので、それほどデメリットではないと僕は感じます。

ビットポイントチャートは使いにくい

正直、ビットポイントのチャートは使いにくいです。。

4時間足がないのが残念。

あとは感覚的に操作ができないので、ちょっとこれでは使えないチャートです。

主にチャートはレバレッジ取引のときに使うと思いますので、MT4を使いましょう!

利用者が少ない

ビットフライヤーやZaifなどと異なり、まだビットポイントの利用者が少ないです。

そのため指値取引でも決済されにくかったりします。

その点もTOP5のメジャー通貨を扱っている点でカバーしているので、そこまで気にしなくて大丈夫だと感じます。

口座開設方法

ビットポイントの口座開設は3分でできます。

いまなら3000円分のビットコインがもらえるキャンペーン中ですので、この機会に口座開設しておきましょう!

基本情報入力

ビットポイント公式サイトから口座開設にいきます。

質疑の回答、名前や住所などの基本情報を入力していきます。

入力後、確認画面で間違いがないか確認をして、次の画面に進みます。

本人確認書をアップロード

本人確認書をアップロードします。

あらかじめ、免許証やマイナンバーカードを写真撮影しておくとスムーズです。

アップロードが完了すれば、申込完了です!お疲れ様でした。

あとは、口座開設のハガキを待ちましょう。

口座開設のハガキ到着

ハガキが到着したら、さっそくログイン。

ログイン完了後、パスワードや2段階承認などの設定を必ず行いましょう。

ビットポイント口座へ入金

ビットポイント口座への入金はクイック入金が無料かつ即入金できるので便利です。

クイック入金は、イオン銀行(イオンカードセレクト が便利)とジャパンネット銀行が提携していますので、この機会に口座をもっておくと便利でしょう。

その他、提携銀行以外の方は、指定のビットポイントの振込口座に入金します。このときの振込手数料は自己負担となりますので、ご注意ください。

入金が完了すれば、取引ができるようになります。

まとめ

ビットポイントのメリットを再度みてみましょう。

ビットポイントのメリット

・時価総額TOP5のメジャー通貨を取り扱う仮想通貨取引所

仮想通貨交換業者としての登録済み

証券会社レベルのセキュリティで安心

売買時のスプレッド差が狭い

・資本金が44億の体力がある

MT4でのレバレッジ取引が可能

スプレッドが狭いほうが有利ですのでまずメジャー通貨からはじめたいという初心者の方から、MT4で自動売買をしたいというプロの方まで使える仮想通貨取引所です。

いまらなキャンペーンで3000円分のビットコインがもらえますので、この機会に口座開設しておきましょう!

ぜひコメントいただければ幸いです!