3分で出来る!Macのソフト「iTunesライブラリ」を外付けHDD・NASに移動する方法

iTunesのデータって重くないですか?

HDD容量を大きくカスタマイズしていないデバイスを持っているとすぐにデータでいっぱいになってしまいます。

ボクも前のデバイスであるMacbookAirはSSD128GBだったので音楽・写真だけで半分は容量を食われてました。

iPhoneのバックアップも取るのでアプリなどを含めると数GBにもなります。

すぐに容量いっぱいになるため、ボクはiTunesのデータをNAS(ネットワーク接続HDD)に移動させて、Mac内の空き容量を増やすことにしました。

今回は、Mac内のデータを減らすためにiTunesをNASに移行させる手順を説明していきます。

このような方にオススメです
  • Mac内の空き容量を増やしたい
  • 音楽、バックアップファイルを外付HDDに移行させたい
  • 音楽をもっとたくさんiTunesと同期させたいけどデバイス容量が少ない

iTunesデータの移動準備

まずは、データを移動させるための外付けHDDもしくはNASの(ネットワーク接続HDD)を購入しましょう。

ボクはNASとTV録画兼用でnasne(ナスネ)を利用してます。
外部から録画予約もできるし、NASとしてのデータを保存できるし、nasneは面白いガジェットです。

外付けHDDでも良いですが、いちいちUSBなどでアナログ接続させるのはめんどくさいのでNASをオススメします。

iTunesデータを移動する手順

ではさっそくiTunesデータを移動させて、使えるように設定をしていきます。

3分でできますので、ささっとやってしまいましょう。

1.iTunesデータを移動

Mac側の「ミュージック」フォルダにiTunesフォルダから、移動させたい外付けHDDへiTunesフォルダごとすべてコピーします。

このときに「iTunes Library.itl」というファイルが入っていることを確認しましょう。

2.iTunesでNAS上のライブラリを開く

外付けHDDにコピーしたら、iTunesアプリで外付けHDDのライブラリファイルを読み込めるように設定します。

「optionキー」を押しながら、「iTunesアプリ」を起動させます。

iTunesライブラリを選択する画面がでてきますので、「ライブラリを選択」をクリック。

先程、外付けHDDにコピーした「iTunes Library.itl」を選択します。

すると、iTunesが起動します。

3.iTunesで取り込むファイルの保存先を指定

iTunesに音楽を取り込む際に、外付けHDDに音楽が保存されるように設定します。

「iTunes」起動後、「環境設定」を選択し、「詳細タブ」に移動。

「iTunes Mediaフォルダの変更」をクリックし、外付けHDDの「iTunes Mediaファイル」を選択。

 

設定は以上です!お疲れ様でした!

 

最後に、Mac側にあったiTunesフォルダを削除してください。

空き容量が増えます!

iTunesを外付けHDDに移動するメリットは?

iTunesデータを外付け化することによって、メリットはひとつ。

Macの空き容量が増えること!

副作用で、Macの動作が軽くなるかもしれない・・・

メリットはこれだけで充分です!

デメリットはあるの?

もちろん、デメリットも多少あります。

Mac単体では音楽聴けない、バックアップ取れない

というデメリットです。

 

例えば・・・

外出時にMacで音楽を聴きたい!と思っても、Mac内に音楽が入っていないので外付けHDDを接続しなくては聴けません。

iPhoneもバックアップ時も同様です。

ボクは「写真アプリ」のライブラリもNASに移動させたのMac単体で、「音楽聴けない、写真みれない、バックアップ取れない」という状況に置かれます。

しかし、外出時に写真や音楽はiPhoneで事足りますし、外出時にiPhoneのバックアップは取りません。

つまり、デメリットはありますが全く気にならないデメリットです。

ならば、空き容量を増やしたほうがお得じゃないでしょうか?

まとめ

容量を少しでも増やしたいMacBookAirユーザー、MacBookユーザーにはぜひiTunesデータの移動をオススメします。

MacBookが盗まれても、音楽のデータは残ります!笑

リスクヘッジとしてもデータ移動は良いかもしれませんね。

「写真アプリ」の移動方法は、下記記事をご覧ください。同じく3分でできますので。

>>3分で出来る!Macのソフト「写真」のライブラリを外付けHDD・NASに移動する方法

ぜひコメントいただければ幸いです!