THEO(テオ)のメリット・デメリットを解説!いますぐ月1万円で積立投資をはじめよう。

将来が不安だなぁ。社畜だから仕事も忙しいし。会社員でもはじめられる投資ってないのかな〜?

会社員

しんたま

それならボクも使ってるロボアドバイザー投資を紹介するよ!

日本は低金利時代であり、銀行預金の利息は限りなくゼロ。
消費税は上がっていくので相対的に銀行預金は目減りしていきます。
目減りする資産を食い止める方法が投資です。

今回は、独自アルゴリズムで自動資産運用ができるサービス「THEO 」をご紹介します。

この記事を読むと、忙しいあなたでもムリなく投資ができ、将来の資産形成をはじめることができます。

じっくり読んでいただき、一緒に資産運用していきましょう。

THEO

1.THEO(テオ)とは。

THEO は、株式会社お金のデザインが提供している、独自開発のロボアドバイザーによる資産運用のサービスです。

20代・30代を中心に既に2万3000人以上の方が利用しており、一人ひとりに合わせた運用プランが可能。

TEHO(テオ)の由来が公式サイトにのってましたので下記に引用します。

THEOの想い

生前、絵が売れなかったゴッホを
経済的に支えたのが弟のテオでした。
「お金」を通じて、
自分らしい生き方をサポートしたテオ。

私たちも、 テクノロジーを駆使することで、
すべての人にとっての「テオ」になれないか。
そんな想いから、
このサービスを「THEO(テオ)」と名付けたのです。

サービス名の由来が面白いですね。生涯、ゴットは貧しかったようですね。

貧しかったのは日本も同じで、戦争資金を集めるために貯金に励んできた日本人。
いまでは日本の現金預金が900兆円あるらしいです。
使い方・運用の仕方がわからなく、そのまま銀行預金にしているのでしょう。

しかし、銀行預金にすることで運用したら得られる利益がゼロです。日本全体にとっては明らかにマイナスでしょう。
それなら消費してもらったほうがマシですね。

THEO(テオ)は、独自開発のロボアドバイザーにより投資のハードルを下げることによって、誰もが預金から投資へと簡単にシフトできるような画期的なサービスです。

2.THEO(テオ)のメリット

THEO(テオ)の特徴とメリットってなんなのかな?

会社員

しんたま

いろいろと特徴があるからピックアップして詳しく見てみよう。

TEHO(テオ)の特徴です。

※引用:THEO(https://theo.blue)

THEO(テオ)の特徴
・ロボアドバイザーによる自動運用
・国際分散投資
・手数料1%
・毎月自動投資は1万円から可能

ほったらかしで続けやすい投資

投資って難しそうだけど、はじめて大丈夫か不安だな〜。

会社員

安心してください。

ロボアドバイザー投資は”ほったらかしでOK”なんです。

THEO(テオ)がすべて自動運用でやってくれるので良い意味で何もすることがありません!

特に会社員であれば、株価や世界政治ニュースなど金融に関わる情報を仕事中に取ることは不可能です。
株やFXのように値の動きをみないとできない投資運用は、会社員の仕事を続けることがムズかしいです。

資産運用を続ける上で大事なのは”運用を続けること”です。

自動で資産運用してくれるロボアドバイザー投資なら、“ほったらかし” × “続けること”で将来的に大きな資産を築くことでできます。

世界への分散投資による運用で高いリターン

投資をはじめるなら、少しでも利益がでてほしいよね。実績はどうなのかな?

会社員

資産運用をはじめるなら将来的に利益がでてほしいですよね。

下記、THEO(テオ)の運用シミュレーションは期待リターン4.8%。
銀行預金と比べものにならないくらいの利益が見込めます。

※引用:THEO(https://theo.blue)

安い手数料

全自動運用の投資ってすごいね。でも結構手数料取られるんじゃないの?

会社員

資産運用する上では手数料は安ければ安いほど良いです。
年利10%の利益があがるけど、手数料9%と高額であれば実質年利は1%になってしまいます。
やはり手数料が安いにこしたことはありません。

THEO(テオ)の手数料(運用報酬)はシンプルで「1%」だけです。

通常の投資信託だと、売買手数料+信託報酬とダブルでかかります。
ポートフォリオが崩れてくるとポートフォリオをリバランスするために売買手数料が都度かかります。
しかし、THEO(テオ)は自動売買であり、リバランスも自動で行い、その差異の売買手数料はかかりません。

「管理」「リバランス」「運用報酬」すべて含めて手数料1%は安いです!

投資をはじめるハードルが低い

投資はお金持ちがするイメージだけど、ボクみたいな普通の会社員がはじめられるのかな?

会社員

“投資=お金持ちがすること”はよくある勘違いです。
もちろん資金が潤沢にあるに越したことはないですが、どちらかというと考え方が逆です。

“お金持ちになるために投資を始める”のです。
結果的にお金持ちは投資をしているという定説があるのだと考えます。

 

THEO(テオ)ではそんなお金持ちになるために、月1万円から積立投資をはじめれます。
どうですか?ボクたちのような会社員でもはじめれそうじゃないですか?
コツコツ積み上げて行けば将来には大きな資産になりますよ。

積立によるドルコスト平均法で購入単価を平準化

毎月決まった日に同額で買い付けを行うことで、購入単価を平準化することができます。
これをドルコスト平均法を言います。

※引用:THEO(https://theo.blue)

 

いま購入する単価が高いか安いかは未来からみた結果でしかないので誰にもわかりません。
そこで、毎月決まった日に定額積立をすることにより、購入単価にかかわらず購入していくと結果的に購入単価が平準化されます。

“いつ購入しようか”と考える時間ももったいないですし、どのタイミングが良いかなんて誰にもわからないので積立も自動でしてもらいましょう。

しんたま

ここでメリットをまとめてみよう!
メリットのまとめ

・ほったらかし運用なので効率よくお金を増やせる
・コストは、投資金額の1%と安い
・会社員でもはじめれる月1万円からの投資
・自動積立により、ドルコスト平均法で購入

確かにボクでも投資をはじめられそう!ムダな飲み会をやめて投資に回したほうが堅実だね。

会社員

しんたま

そうそう、愚痴大会の飲み会より将来のために早めに投資したほうがいいよ。知識や作業もいらないし、お金を預けておく感覚だよね。それで年利5%なら万々歳だよ。

3.THEO(テオ)のデメリット

ここまでいいことばっかり聞いたけどデメリットはないのかな?

会社員

しんたま

デメリットはゼロじゃないね。早速みていこう。

元本保証はない

元本保証はありません。
投資ですので元本割れするリスクはあります。

あくまでも余剰資金で行いましょう。

ただ、これからは預金も目減りしていく時代ですので預金していても同じことなのでそのへんは理解しておくほうが良いですよ。

積立は引き落としから入金まで時間がかかる

積立の設定をすると自動で口座から引き落とし→入金までしてくれますが、入金までの時間が1週間かかります。

通常の入金だと翌日には口座に反映されるので、積立の場合はすこし時間がかかるので注意しましょう。
そこまで大きなデメリットではないかと思いますが。

デメリットのまとめ

・元本割れリスクはある
・引き落としから入金まで時間がかかる

4.運用シミュレーションで診断してみる

投資する前に、気になるのが毎月貯金している分を運用に回していくとどれくらいになるのかな?

会社員

個人の情報(年齢や資産状況、年収など)を入力することにより無料で運用シミュレーションができます。

ボクもシミュレーションしてみました。

まずは質問に答えていきます。年収500万ないですが少し多めに笑
毎月6万貯金している分を投資に回します。

10年後のシミュレーションがでました!

月7万円の積立をしていくと10年後には1000万円を超えます。
定期預金との差がなんと”約300万円”。

正直びっくりしました。

もちろんシミュレーションなのでこの通りには上手くいかないですが、間違いなく定期預金より投資したほうが良いですね。

同世代の貯金額も教えてくれます。
同世代の貯金額は100万円〜300万円以下が約4割。

正直、全部を銀行に預金しているのはバカですね。
100万円が今日すぐに必要になるときありますか?
生活費20万くらい銀行口座にあれば安心じゃないですか? と煽ってみましたが、日本人は預金する方が圧倒的に多いです。

まずは、どれくらいの運用になるのか公式ページより診断してみましょう。

▼無料診断は公式サイトから▼

THEO(テオ)で運用をはじめよう

ボクも月1万円から積立投資をはじめました。
投資はムリのない範囲で。

ボクのポートフォリオは“値上がり益重視”の攻めた構成になってます。

先進国株を6割保有してますね。
世界が成長すれば利益でるし、リーマンショックにように世界恐慌となれば打撃は大きい。
まあ長期保有するのであまり気にしませんね。

過去シミュレーションも見ることができます。
リーマンショックくらいの金融恐慌があっても10年後には利益がでる運用です。

人間だと値下がりしてときに売りたいという感情が入るから、そのあたりはロボットが機械的に出した答えで運用してもらうほうが良いのでしょう。

入金3日後の利益はマイナスでしたが、こんなの気になりません!

コツコツ毎月積み立てていくだけです。

Q&A

Q. 解約はできるの?

A. はい、もちろんできます。365日24時間いつでも解約の申し込みが可能です。

Q. 解約後、入金までどれくらの日数がかかるの?

A. 解約申込後、即日ETFを売却し、7営業日程度で指定口座にご入金いたします。

Q. NISA口座には対応しているの?

A. いいえ。NISA口座には対応しておりません。当社の運用ではお客さまの資産運用方針を維持するために毎月リバランスによる売買を行っており、一度の売買により税メリットが確定してしまう現行のNISA制度に合わないためです。

まとめ

これからボクでもはじめられそうだ!将来のために、コツコツと毎月1万円から積立をはじめてみるよ。

会社員

しんたま

そうそう。まずははじめたほうが勉強になるよ。思い立ったが吉日!さっそくTHEO(テオ)に資産運用を任せよう。

いかがでしたでしょうか。
投資って聞くとムズかしいイメージがありますが、みなさんでもはじめられそうじゃないですか?

少し長くなりましたが、最後にまとめたいと思います。

THEO(テオ)のまとめ
ほっからかしで低コスト。効率よくお金を増やせる会社員向けの投資
・ドルコスト平均法で月1万円から積立投資が可能
元本保証はないが、長期保有でコツコツ積み立てることで高いリターンが期待できる

▼お申込みは公式ページより▼