Apple PayのモバイルSuica(モバイルスイカ)にエクスプレス予約を設定してみたよ。

2017年10月23日にApple PayがモバイルSuicaのエクスプレス予約対応のアップデートをした。 エクスプレス予約がiPhoneで使えるようになると大きなメリットは、エクスプレスカードが不要になり、iPhone1台で交通機関の移動できることです。 今まで予約はスマホでできるけど、新幹線の改札にはエクスプレスカードが無いと入れない。 さらにエクスプレスカードとiPhoneのモバイルSuicaは重ねてタッチできないのが痛い。 一度エクスプレスカードで外に出て、在来線の改札から入らなくてはいけないので乗り換えが面倒でした。 今回、エクスプレス予約にApple PayのモバイルSuicaが対応したことにより、乗り換えがスムーズになります! そのままタクシーに乗り、モバイルSuicaで決済でき、さらにiPhoneを使う場面は増えてくるでしょう。 ということで、早速モバイルSuicaで設定してみたので手順を記事にしてみました。

まずは、下準備。

まずは、モバイルSuicaのバージョンを確認しましょう。 10月23日にアップデートがあったので、アップデートがまだの方はアップデートしましょう。 また、エクスプレス予約の会員登録をしていないと本サービス使えません。 エクスプレス予約を予め会員登録しておくことが必須です。 年会費1080円(税込)ですので、新大阪〜東京間を一度往復するだけで元が取れます。 ちなみにぼくは、三井住友VISAクラシックカードにエクスプレス予約を付帯させてます。 >>>JR東海 EX予約に登録する

エクスプレス予約をモバイルSuicaでの設定手順

では、早速、モバイルSuicaのアプリでエクスプレス予約の設定をしていきます。

手順1

アプリを起動し、「チケット購入・Suica管理」をクリック。

手順2

最新バージョンのアプリでは、「エクスプレス予約(JR東海)」が追加されております。 クリックして進みます。

手順3

「モバイル’SuicaによるEX-ICサービスに関する特約」を読み、「同意」をクリック。 エクスプレスの画面に移動し、ログインをしたら登録しているメールアドレスから手続きが進みます。  

手順4

登録しているメールアドレスに下記のようなメールが届きます。 案内の通り、URLをクリックし、手続きに進みます。

手順5

会員登録をします。 エクスプレスカードに登録しているクレジットカードを入力。 その他、個人情報を入力していきます。

手順6

会員規約・特約等が表示されます。 「内容に合意します」にチェックマークを入れて、「OK同意します」をクリック。

手順7

会員登録完了です! これでモバイルSuicaでエクスプレス予約が使えるようになりました。

手順8

使うときは、いつものようにログインして、予約するだけ。

まとめ

登録自体は簡単でした。 エクスプレス予約は、みどりの窓口で並ぶ必要がないし、安いし、新幹線乗る人はもっていたほうがいいですよ。 持ってないと、時間とお金を捨てているのと同じです。  これからはすべてがiPhoneで完結する時代です。 家の鍵もiPhoneで開けられ、エアコンを外から稼働させて帰ってくるまでに温めておくとか、テレビ録画の予約とか・・・ ほとんどのことがスマホでできるようになって、生産性が高くなってきました。 あとは空いた時間で何をするかです。 ぼくは主に本を読んだり、ブログ書いたりとアウトプットしてます。 もっと生産性が高い情報があつまると思うので、これからも発信していきます。