OwnersBookのメリット・デメリットを徹底解説!月1万円からの不動産投資。

口座開設してからも投資できなかった、大人気のソーシャルレンディングのOwnersBookにやっとこさ投資できました。

今回は募集開始してから30分以内で募集終了になってしまうほどの大人気の「OwnersBookについて、デメリット・メリットを解説していきます。

この記事は下記のような方へオススメです

・投資初心者の方
・ソーシャルレンディングで投資を始めようとしている方

・投資先を増やそうと考えている方

ぜひこれから始める方の参考になればと思います。

ごゆっくり一読していってください。

ソーシャルレンディングとは?

https://www.ownersbook.jp

ソーシャルレンディングとは、”お金を借りたい人”と”お金を貸したい人”を結ぶクラウドファンディング事業です。

OwnersBook(オーナーズブック)は運営者として、投資家から資金を集めてニーズがある個人や企業に融資し、投資家は出資の見返りとして金銭的な対価を受け取る仕組みです。

投資先の事業は、様々であり、太陽光発電事業・バイオマス発電事業、中小企業支援事業、マンション建設事業・・・と幅広い投資先となっています。

銀行預金はマイナス金利となり預金から投資へと移り変わる中で、投資サービスとしてソーシャルレンディングが注目を浴びております。

OwnersBookとは?

OwnersBook はロードスターキャピタル株式会社が運営している不動産事業に特化したクラウドファンディング事業です。

不動産投資は何千万、1棟なら数億の金額が必要になります。
正直ハードルがめちゃくちゃ高くて、不動産投資できないですよね。

また管理・維持していくのも大変であり、結局思ったような利益を得れない可能性がある難しい投資です。

そのような不動産投資の問題点を解決して、不動産投資をはじめれるのが不動産事業のソーシャルレンディングとなります。

\無料で会員登録をする/

OwnersBookの仕組み

投資の仕組みはいたって簡単。

  1. 個人投資家が案件に応募
  2. ロードスターファウンディングが仲介し、不動産に融資
  3. 不動産はロードスターファウンディングに返済
  4. 返済による利益で、個人投資家にリターン

仕組みをみると、不動産オーナーが返済できなくなるのが一番怖いです。
返済できなくなれば、個人投資家へのリターンもなくなるのは簡単に想像がつきますね。

案件ごとに投資を実施していくので、1つの案件に100万などと大きな金額を投資するのは控えたほうが良さそうです。

次にメリット・デメリットをみていきましょう。

OwnersBookのメリット

では、不動産事業のソーシャルレンディングはどのような点が優れているのでしょうか。
メリットからみていきましょう。

担保がある

Photo by Anthony DELANOIX on Unsplash

不動産事業クラウドファンディングに投資するメリットは、”不動産という担保がある”ことです。

投資ですので、もちろんリスクを伴い、元本割れの可能性もゼロではありません。

リスクはありますが、リスクを減らすことができるのが不動産事業クラウドファンディングの特徴ですね。

ソーシャルレンディングの中には利回り10%を超えるような案件がありますが、
高利回り案件=リスクが高い案件の可能性が高いです。
なぜ高利回り案件なのか理由を考えると、”担保がないので利息を取っておく必要がある”からです。

ソーシャルレンディングではハイリスク・ハイリターン案件を狙うのではなく、ローリスク・ミドルリターンの案件を狙います。

ゆえに、担保がある事業に投資することが必須となります。

結果的に担保がある案件はみんな投資したがるので、開始30分もしないうちに募集終了になってしまいます。

OwnersBookは毎回の案件が募集開始の30分以内で終了してしまう案件がほとんどですので、いかにローリスク・ミドルリターンの人気案件かが覗えるでしょう。

高い手数料を解決

引用:https://www.ownersbook.jp

ネットを利用したクラウドファンディングサービスのため最少人数のコスト、自社プラットフォームによる運営のため、大幅なコストカットを実現しております。

そのため、利回りは5%前後と安定した利益をローリスクで受け取ることができます。

債務不履行・元本割れゼロ

デフォルト(債務不履行)や元本割れはゼロです。(2017年11月16日時点)
今のところ安心して使えるソーシャルレンディングです。

OwnersBookでは不動産投資の専門家がすべての案件を精査しているため、デフォルトは発生しにくく、安心して投資できる体制になっています。

引用:https://www.ownersbook.jp

もし貸し倒れが起きても、元本をできるだけ減らさないような案件になっているのでしょう。

もちろん将来に債務不履行が起きる可能性はゼロではありませんので、余裕資金ではじめてください。

1万円から投資できる低いハードル

引用:https://www.ownersbook.jp

投資のハードルが低く1万円からの投資が可能です。

1案件に複数の個人投資家が投資をするので、少額からはじめられます。

まずは、毎月の飲み代の1万円を不動産投資にあててみてはいかがでしょうか。

ここまでのまとめ

・OwnersBookは不動産案件に特化
担保をしっかり取っている(※案件によって異なる場合があります。)
・1万円から投資できる低いハードル
・現在までデフォルト(債務不履行)ゼロなので、安心

しんたま

不動産という有形資産が担保となる投資案件に特化して、元本割れのリスクも軽減されるのがメリットだね。

OwnersBookのデメリット

元本保証はない

Photo by Nicolas Cool on Unsplash

投資なのであたりまえですが、元本保証はありません。

自分のお金を1円も減らしたくない方には向いてないです。
もちろん、リスクを負わなければお金は増えないので、預金で持ち続けるだけです。

あくまでも余裕資金で運用しましょう。

すぐに大きく増えない

Photo by Daniel Cheung on Unsplash

ソーシャルレンディングは1日で利回り10%などと、すぐに大きな利益がでるような投資ではありません。

案件のほとんどは、6ヶ月〜24ヶ月の出資で年利5%前後の利益です。
コツコツと投資を行い、未来に利益をいただく中期投資となります。

FXや株式とは違うことを理解しましょう。

OwnersBookの評判は?

評判をみてみましょう。

貯金するより投資に回す思考が大事ですね。

この人気ぶりはすごい。開始2分終了って投資応募するのムズかしすぎます。 
最近は案件も多くなってきたのでここまでヒドくないですが、条件など良ければすぐに募集完了ですね。

引用:https://www.ownersbook.jp

最近では、利回り益の分配だけでなく、優待券もついている案件も出てきました。
発想が面白いですね〜。

投資をはじめている方も多くなってきており、2017年10月31日には会員数1万人突破したようです。
これからも成長していくサービスでしょう。

OwnersBookに投資してみた

しんたま

ちょっと気になるから一口投資してみようかな。

募集開始すぐに終了になってしまうOwnersBookにやっと投資できました!

世田谷区マンション用地事業に1万円ですが投資完了。

どの案件にいくら投資するか決めれば投資が完了します。所要時間1分でできる簡単さ。

 

この案件は年利5%の案件なので、1年後には500円弱ですが利息が入ります。

預金してたら利息は1円なので比にならないですね笑

ソーシャルレンディングは投資完了したら、利益が分配される1年後まで何もすることはありません。
ただひたすら待っているだけですので投資初心者でもできます。

まだ口座開設していない人は、ぜひこの機会に投資家登録してみてはいかがでしょうか。

 

\無料で会員登録をする/

 

追記:配当きました!

初配当きました!

103円(129円-26円)ゲット!

何もせずにお金がもらえるうれしさ・・・\(^o^)/