誰でもできる100万貯め方。自動貯金の仕組み作りを教えちゃいます。

社会人になってからも貯金ができずいつもカツカツの生活。
一時は、恥ずかしながらキャッシングしてました。。

結婚が決まったときも1年後の式までに100万準備しなくてはいけなく、焦りました。

お金を貯めるための勉強をしようと、無料で参加できるファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」に教えてもらった貯金の仕組みを実行したことにより100万円貯めることができました。

めっちゃ簡単な方法ですので、ぜひ参考にしてみてください。

このような方へオススメの記事です。
・100万円貯めれたことがない浪費癖がある方
・貯金が継続できなく、家計が赤字になってしまう方

なぜ100万円貯金?貯金癖をつける。

なぜ100万貯金かというと、100万が貯められるかどうかで貯金癖が身についているかわかるからです。

100万円は子供ならとても大きなお金です。
100万円あればなんでも買えると思ってました笑

しかし社会人になれば、100万円はすぐ無くなってしまうくらいの金額です。

月に手取り15万円のアルバイトをしている人だと100万貯めるのは結構時間がかかるでしょう。
ボーナスが多い大企業だと1回のボーナスで100万越えもあるでしょう。

人によっては大きい壁かもしれないし、小さい壁かもしれない100万円。

実は、大企業で年収が高くても貯金が0円の浪費癖がある人もいます。

一方で、月手取り15万だけどコツコツ貯めて貯金が200万ある貯金癖がある人もいるでしょう。

要は、貯金癖が身についていることが大事なんです。

一時的にボーナスが入るがすぐに欲しいものを買ってしまえば次の月の給料日前は白ご飯だけのカツカツな生活になります。

毎日のお金の使い方が積み重ねられることにより、毎月の貯金になり、100万円の貯金になります。

100万円は浪費癖がある人は貯まらないが、貯金癖がある人はすぐに貯まります。

貯金は精神論ではなく、仕組みが大事

貯金は精神論でやると生活が崩壊します。

貯金のために節約する!と意気込み、お昼も夜もご飯抜きとか、
一切遊びに行かずに家にこもるとか、人間らしからぬ行動に出る人もいます。

貯金=節約のような精神論では達成できません。

そこで、まずは貯金のための仕組み作りをしましょう!

人間は最初からルールが決められていれば、その範囲内でやりくりすることができます。

出来ていない人はその仕組みが曖昧だからです。

人間は楽な方に向かっていくので、「ま、いっか」と言って飲みに言ってしまうのでしょう。

まずは貯金の仕組みを決めましょう!

貯金の仕組み作り

財形貯蓄

わたしは貯金の仕組みとして、財形貯蓄4万を毎月積み立ててます
いわゆる先取り貯金です。

会社の福利厚生ですので、財形貯蓄分は給与口座にも入ってきません。
そのため、最初から自分の給料は入ってきた分だけだと思うことができます。

会社に財形貯蓄制度があれば活用しましょう。
なければ、この仕組みを自分で作ることができます。

定額自動入金サービスの活用

いくつかの銀行には定額自動入金サービスがあります

じぶん銀行を例に説明します。

毎月、指定日に他行口座からじぶん銀行に自動で入金されるサービスです。

このサービスを使い、給与口座からじぶん銀行に毎月一定額を自動入金することで財形貯蓄と同じ仕組みを作ることができます

ネット銀行を中心に、定額自動入金のサービスがあり、貯金向けだと言えますね。

下記、定額自動入金サービスがあるネット銀行の一部です。

このような貯金を自動化できるサービスを使い、貯金癖をつけましょう。

目標を明確にしよう

財形貯蓄もしくは定額自動入金サービスの仕組みを作ってしまえば、
残ったお金での生活をすれば気づけば100万円が貯まります。

最後に、目標期限を明確にしましょう。

いつまでに100万円貯めるのか。

1年で貯めるのであれば、月8万円の貯金が必要ですし、2年後であれば4万円の貯金です。

もちろん生活費を圧迫してはいけませんので、無理のない範囲で貯金額を決めましょう。

以上が、わたしが100万円貯めた仕組み作りです。

誰でもできます。

この記事を読んで仕組みをすぐに作るか作らないかです。

さあ今すぐはじめましょう!

まとめ
・目標を決めて、先取り貯金をはじめよう。
・毎月の貯金は無理のない額にしよう。

 

お金の無料講座である、ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」に参加すると下記書籍をタダでもらえました!
お金の真意が書いてあったのでおススメです。

ぜひコメントいただければ幸いです!