見たい記事が見つかる!>サイトマップはこちら<

MacBookからワンクリックでテザリング可能。InstantHotspot(インスタントスポット)機能が超便利!

今更知ったのですが、Macをにワンクリックでテザイング可能な機能があります。
それが、「InstantHotspot」という機能です。

この機能が便利で、Bluetoothがオンになっていれば、いちいちインターネット共有画面を開かなくてもテザリングできる機能です。

実際にどのような機能なのか備忘録として記事にしました。

OS Yosemite以降で可能!

InstantHotspotは、OS Yosemiteから追加された機能です。
僕は全然知らなかったですが、そんな素晴らしい機能が追加されたのであれば使わない手はないでしょう。

iPhoneはiOS8以降かつiPhone5以降の機種になります。
iPhone5からテザリング機能が追加されましたが、SIM契約会社によってテザリング機能がなかったりするのでその辺は事前に調べておきましょう。
auやsoftbank、docomoはオプションであるのでまず問題ないでしょう。

僕の現在の環境は下記です。

・MacはmacOS Sierra
・iPhone7のiOS10

機器の条件は満たしております。

同一iCloudログインしておく

機器だけでなく、もう一つ条件があります。
それは、同一iCloudでログインしていることです。
上手くできない場合は、設定を確認しましょう。 

ICloud

テザリングしてみた

Wi-Fiアイコンをクリックすると、接続したいiPhoneの名前が表示されます。
そこをクリックします。

Wifi

すると、テザリング成功しました!成功したら、下のようなアイコンに変わります。 

WiFi2

まとめ 

ワンクリックから5秒ほどでテザリングすることができました
今までiPhoneのインターネット共有をするのが手間だなと思っていたのでもっと早く気がつけばよかった。まじで。

iCloudにログインしていないと使えないので、そのだけ注意してもらえれば大丈夫です。

Macは効率化できる機能が地味に追加されるので気づかないことが多いのですが、ちょこちょこ気がついたことを記事にしていこうと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ぜひコメントいただければ幸いです!