見たい記事が見つかる!>サイトマップはこちら<

MacbookAir11からMacbook12に買い替えた3つの理由。

MacbookAir 11-inch 2012mid(以下、MBA11)を5年前に購入し、ずっと使っていました。

用途としては、CADをいじったり、写真を加工したりと使うソフトはそこそこ重いですが頻度は多くない使い方。

MBA11はコンパクトな設計で持ち運びも楽で、壊れることなく購入して5年が経ちました。

 

今まで使う頻度が少なかったのですが、1年前にこのブログを立ち上げたことにより外出先でブログ執筆の機会が増えたので、いままで出てこなかった不満が増加。

 

そこで、MacbookAir11inch 2012を手放し、Macbook12 2016モデルを中古で買いました!

MacbookAir11inchが廃盤になったことからMacbookに移行する人が増えてきていると思います。

でも、実際は価格がネックだったので中古にしました。

これからも買い替えが増えるのではないかと考え記事を書くことにしましたので、みなさんの参考になればと思います。

主な作業環境と内容

 

●旧マシン:MacbookAir11 mid 2012 Corei7 メモリ8GB SSD128GB

●新マシン:Macbook12 early 2016 Corem7 メモリ8GB SSD516MB

外出先での作業内容は主にこちらです。

●メール

●MarsEditでブログ執筆

●Lightroomで写真加工

●VectorWorks(CADソフト)で図面修正作業

●Excelでの表計算・グラフ作成

重い作業もしますが1・2時間の短時間です。

外出先では、モバイルWi-Fiを繋いで作業しています。

 

関連記事

SIMフリーモバイルWi-Fiを購入。格安SIMを契約し、月1000円以下で利用中!

買い替えてよかった点

1.バッテリー持ちが半端なく良い

今回の購入で一番求めたことはバッテリーの持ち具合です。

MBA11(2012)の公式駆動時間は5時間であり、僕のような作業内容ですと実質2時間半くらいの作業が限界です。

カフェで作業するとバッテリーがなくなり毎日充電しなくてはなりません。

充電を忘れると充電できるカフェを探さなくてはいけないのでモバイルPCの割に場所選ばなくてはいけなく本末転倒な使い方になっていました。

それに比べMacbook12の公式駆動時間は倍の10時間です。

MBA11の2015モデルはかなりバッテリー持ち具合7時間と良くなっているようですが、Macbookと比べると重いのと画面が小さいです。

購入して2週間使った感じですと最低でも7時間はバッテリーもちますね。

毎日2時間程度作業しても3日はもつので、バッテリー残量が気にならなくなったのが超嬉しいです

 

また外出先でコンセントがなくても給電できるモバイルバッテリー(PD対応バッテリー)で充電可能です。

これで歩き回ってコンセントのあるカフェを探さなくても大丈夫ですよ!

これでこそ本当のモバイルPC!!

 

関連記事

【アクセサリ】MacBookユーザー必需品!持っておくべき「USB PD対応のモバイルバッテリー」 

理由2:携帯性が高い

次に携帯性です。

MBA11も1.08kgと軽量で持ち運びは楽でした。

今回購入したMacbookは0.92kgですので、MBA11と160gの差があり、缶コーヒー1個分くらい軽い計算になります。

缶コーヒー1個って感じるの?みたいな話がありますが、持ってみると明らかに重さの違いを感じます。

今はAppleStore店舗にMBA11が置いてませんので店頭での比較ができませんが、わたしが持っていたので断言できます。

Macbookのほうが断然軽いです。軽いは正義!!

理由3:小さいのに1インチ大きい、Retinaディスプレイ

最後の理由は、ディスプレイの違いです。

MacbookにはRetinaディスプレイが採用されており、MBA11よりも1インチ大きい画面になっています。

MBAにRetinaディスプレイは採用されておりません。
これは体験しないと正直わからないものなのですが、Retinaディスプレイはめっちゃ綺麗です。
目にも優しく、疲れにくい!

また、作業するときに1インチでもディスプレイが大きいとこんなに違うのかというほど違います。

外形はMacbook12の方が小さいのにディスプレイは大きいので、変な感じですね笑

さすがに13インチになると大きいなと感じるので、12インチはちょうど良い大きさだと思います。

まとめ

結論的には、最高のマシンです。もっと早くMacbook12にしておけばよかったなと思ってます。

 

実はMBA11 2015モデル(corei7 or i5)とMacbook12と迷っていました。

処理能力的なところはMBAが一歩優勢だと考えてます。

しかし、仕事レベルでの長時間重いソフトを立ち上げることもないので、i7レベルのCPUは不要であり、Corem7でも大丈夫だと信じて購入しました。

ちなみに、画像処理ソフト「Adobe Lightroom CC」の現像も問題なく処理可能です。全然遅くないです。

今回は中古で購入しましたが、価格をもう少し安くすればバランスの良いマシンでありもう少し良い評判になるんではないかと勝手ながら思いました。

 

調べているとMacbook12のスペックが物足りなく、MacbookPro13に買い換えてる人がかなり多いですね。

 

MBA11の貧弱なバッテリーで困っている人は、Macbook12を強くお勧めします。

ただし、仕事で重いソフトを使う人は、CPUが2016モデルm7以上か、2017モデルm3以上がいると思います。
あくまでも個人調べですが。。

 

以上、参考になればと思います。
買う前に色々気になる方はお気軽に質問してください♪

2 Comments

子らいおん

大変参考になるブログでした。
私もMBP2012の11インチを使っていて、MacBookにすることを検討していました。
価格的に2017ではなくその前の年代を狙っていたので、率直なレビュー助かりました。

返信する
しんたま

>子らいおんさん

コメントありがとうございます!
参考になって大変うれしく思います^_^

Macbook2016モデルでもMBA2012と比べてかなりの進化になりました。
adobeやCADの重いソフトを複数起動させるとかなければストレスなく使えるはずです。

一番はバッテリーですね。ブラウジングメインでしたら7時間〜8時間は持ちます。MBAだと3時間バッテリー持てばいいところではないでしょうか。

ぜひ、Macbook12 2016モデル検討ください(^。^)

返信する

ぜひコメントいただければ幸いです!