月100円の積立投資をすると20年後いくらになるか?最低投資金額を探ってみよう。

現在日本人は、投資に興味はありますが始められていない人が多い状況です。
そんなリスクを恐れる日本人のために、積立投資100円から始められる証券会社が多くなってきました。

少額から投資を始められるのはもちろん社会にとっても良いことだと考えます。

しかし、実際に毎月100円投資しても将来大きな金額にはなりません

積立投資を始める理由として老後の資金で積み立てる場合が多いのではないでしょうか。
年金は出るかどうか不安だし、金利ゼロの時代に銀行に預けるのももったいない。

そのような理由で積立投資は、将来のお金を積み立てる一つの方法です。

今回は月100円で投資をしたら20年後いくらになるのかを確認しつつ、将来の目標金額のためにいくら必要か把握していきましょう

20年間、月100円の積立投資をしたらいくらになるの?

まずは最低投資金額の月100円を20年間行った場合の検証です。
毎月100円、年利3%運用で複利計算を行いました。

年数 貯金 積立繰越金 年利
100 3%
1 1200 1,200 36
2 2400 2,436 73
3 3600 3,709 111
4 4800 5,020 151
5 6000 6,371 191
6 7200 7,762 233
7 8400 9,195 276
8 9600 10,671 320
9 10800 12,191 366
10 12000 13,757 413
11 13200 15,369 461
12 14400 17,030 511
13 15600 18,741 562
14 16800 20,504 615
15 18000 22,319 670
16 19200 24,188 726
17 20400 26,114 783
18 21600 28,097 843
19 22800 30,140 904
20 24000 32,244  
  差額 8,244  

結果的に、合計投資額24000円で、利益は約8000円です。 いかがでしょうか。

20年間積み立てた割にはという印象ではないでしょうか。投資金額が少ないと利益額も少ない感じになります。

銀行に預けると金利0.001%ですので20年後に数百円増えている程度です。積立投資で運用したほうが良いですが、100円と少額で投資を始めても効果が薄くなるだけでしょう。

投資額を増やしてみる

100円では心もとないということがわかったので、投資額を増やして検証してみましょう。

月5000円、年利3%

年数 貯金 積立繰越金 年利
5,000 3%
1 60000 60,000 1,800
2 120000 121,800 3,654
3 180000 185,454 5,564
4 240000 251,018 7,531
5 300000 318,548 9,556
6 360000 388,105 11,643
7 420000 459,748 13,792
8 480000 533,540 16,006
9 540000 609,546 18,286
10 600000 687,833 20,635
11 660000 768,468 23,054
12 720000 851,522 25,546
13 780000 937,067 28,112
14 840000 1,025,179 30,755
15 900000 1,115,935 33,478
16 960000 1,209,413 36,282
17 1020000 1,305,695 39,171
18 1080000 1,404,866 42,146
19 1140000 1,507,012 45,210
20 1200000 1,612,222  
  差額 412,222  

月5000円に投資額を増やしてみると、利益額も約40万となります。
飲み会1回を投資に回すだけで将来の資金となるとともに40万円の差額ができます。

100円からはちょっと心もとないし、でも少額で投資を始めたい方は5000円くらいからがお勧めです。

月30,000円、年利3%

年数 貯金 積立繰越金 年利
30,000 3%
1 360000 360,000 10,800
2 720000 730,800 21,924
3 1080000 1,112,724 33,382
4 1440000 1,506,106 45,183
5 1800000 1,911,289 57,339
6 2160000 2,328,628 69,859
7 2520000 2,758,486 82,755
8 2880000 3,201,241 96,037
9 3240000 3,657,278 109,718
10 3600000 4,126,997 123,810
11 3960000 4,610,806 138,324
12 4320000 5,109,131 153,274
13 4680000 5,622,405 168,672
14 5040000 6,151,077 184,532
15 5400000 6,695,609 200,868
16 5760000 7,256,477 217,694
17 6120000 7,834,172 235,025
18 6480000 8,429,197 252,876
19 6840000 9,042,073 271,262
20 7200000 9,673,335  
  差額 2,473,335  

一気に投資額を3万円にアップしてみました。
年利3%で運用すると20年後には 約250万円もの差額になってきます。
これぞ複利の効果。
元本含めると約970万円と結構な資金になっております。

考察

当たり前のことですが、積立投資は多ければ多いほど増えるお金もアップします。

100円の積立ではほぼ利益がでませんので、いくら少額から始めましょうといってもあまり効果がありません。

そこで、今の年齢から逆算して毎月の金額を決める方法がオススメです

先ほどの例でいうと、現在40歳で60歳までに約1000万円貯めたいとなると月3万を年利3%で運用すれば達成できます。

2000万必要なら月6万です。このように逆算して資産を築いていくのが賢明です。

いまの時代貯金していても増えることがないので、わたしは 「現金の貯金<投資」 を意識して将来の資産形成に励んでおります。

投資は若者こそ始めるべし

投資の一番の味方は「時間」です
もちろんお金も時間も有限であります。
特に時間は巻き戻すことができません。

同じサラリーマンでも20代の若い頃から投資を始めることによって時間が味方につきます

最初は月5000円からでも投資を始めておけば投資の神様である時間が味方してくれます。

大学生でもバイトを飲み代に使うのではなく、5000円を投資してみると世界が変わるでしょう。

まずは投資を始めてみよう

迷っているならば、まずは口座開設から始めてみましょう。
初めは何千種類も銘柄のある証券会社ではなく、直販投信で積立を始めてみましょう。
わたしもひふみ投信を積立してます。

どちらも運用実績が高く、高利率の投資信託です。
上記では年利3%と比較的低めで計算しましたが、ひふみ投信は過去5年の運用実績は平均年利27.35%とかなり高い実績です。
月5000円から始めることができるので飲み会代を投資してみましょう。

ひふみ投信の藤野社長の下記書籍はおススメです。

積立投資を始めるときに下記書籍がおススメです。

私も運用している「ひふみ投信」は公式HPより>>>