ミニマリストの財布の中身公開!2017年8月版

自分でいうのは恐縮だが、財布の中身はかなりミニマリストの領域である。

持ちすぎることで管理するものが多くなり消耗してしまうため、持ちすぎないことを心がけている。

そこで、日常持ち歩いている財布の中身を公開しようと思う。

ちなみに、タイトルは「2017年8月版」としているがこの先も入れるカードなどが変わると思うのでそういう表現にしていることを伝えておこう。

財布の中身

早速だが、財布の中身を出してみた。

●現金 千円札x 5枚

●免許証

●クレジットカード(Amazonカード)

●プリペイドカード(LINE Payカード)

●キャッシュカード

入っているモノは以上。

ちなみに財布は土屋鞄製作所のウルバーノバタフライマネークリップを使用している。

 

関連記事

【レビュー】ウルバーノバタフライマネークリップを購入。中も外も最高のマネークリップ。

 

現金

現金を持っていないとやはり不安だ。

小銭が邪魔なので、iPhone7のFelica決済(メインはモバイルSuica)をしているが、お昼と食べるお店ではまだ現金決済が主流。

タクシーでもやっと電子マネー決済が普及してきたが、飲食店はまだまだ普及が遅く感じる。

 

中国ではスマホ決済が98%である。

モバイル決済の「アリペイ」などを中心に、ほとんどのお店がQRコードを見せて決済できるようになっている。

 

お店なら現金目的で強盗が入るし、現金とPOSの金額があっているか確認しないといけないなど、現金は無駄なことを引き寄せるせ生産性の悪いやつだ。

日本でも電子マネー決済・QRコード決済が一般化して、現金を持たなくて済むようになってほしい。

カード

基本的に生活費はクレジットカードを使わず、プリペイドチャージ式のモバイルSuicaもしくはLINE Payカードを利用している

LINE Payだと2%のポイントがつくので現金よりもメリットがある。
しかも、プリペイド式なのでお金の使いすぎを防止できる。

Amazonカードは入れているが滅多に実店舗で使うことはない。予備のカードである。

クレジットカードのポイントが付けば良いなと思うので、高還元率2%のLINE Payカードは超便利なので現金派の人にはおすすめしたい。

支払いも時もスマート

財布はすっきりさせたいためにマネークリップを使用しているが、もともと入るカードも少なくなっているのでスマートな印象になる。

支払い時に、財布がごちゃごちゃしていてレジでもたつくのがイヤなのでこのスタイルにしている。

カードが多いと財布がパンパンになるし、カードを亡くしたら把握できなくなるので、カードは4枚で十分。

最初はこんなにカード少なくていけるの?と思っていたが、今では他人の財布の中のカード枚数をみて何にそのカード使っているの?と思う。

4枚が管理できる限界の枚数である。

小銭入れはシンプル

小銭入れはシンプルで、小銭しか入れてない。

スターバックスのワンモアコーヒーレシートなどを一時的に保管するが、レシートは当日の夜に一掃するよう心がけている。

レシートを捨てて困ったことはない。

しいていえば、会社の領収書を捨ててしまったことくらいである。

 

そもそも小銭を取り出して支払うのはスマートではないので、あまり取り出す機会がない。

できるだけ、モバイルSuicaやカードで支払うことを意識している。

まとめ

まだまだミニマリストには程遠いが、財布はそれなりにミニマリスト化している。

ミニマリスト化するならiPhoneは最高だ

iPhoneのFelica決済は大きくカードを減らせる要因になった。

モバイルSuicaにより切符がいらなくなったのと、交通系ICのPitapa(ピタパ)を使っていたが不要になった。
これで切符を無くさないで済む。

 

あとは、ApplePayを利用することでID決済も利用可能。

僕は三井住友VISAカード ApplePayに登録して、ID決済をするようになった。
Suicaが使えない箇所ではIDが使えることが多いので重宝する。

新しい財布を買う前にiPhone7を買った方がミニマリストの財布になれるかもしれない。

 

関連記事

現金をやめた。電子マネーで生活の生産性を高める。