見たい記事が見つかる!>サイトマップはこちら<

Typist for MacBookAir11inchを購入。タイピング音が気にならなくなった。

2012年に購入したMacbookAir11はまだまだ現役で使ってます。 ずーっと気になってはいたことですが、カフェで記事を書いていると タイピング音のカチカチが気になり始めました。 Enterキーをターッッンと叩く人ではないのですが他の人に迷惑だと思われたくないので、 自分でできる対策を講じようと思い、キーボードカバーを購入しました。 そちらについてレビューします。

キーボードカバー「Typist for MacBookAir11inch」を購入

もうすでに廃盤になってしまった11inch対応のキーボードカバーは少なく逆に探す手間が省けました。 「Typist for MacBookAir11inch」を発見したので下調べです。 typistなんていうほどタイピング技術もないし、早くもないのだけど タイピスト向けの商品なら変なものを作ることはないという安心感があります。 他のブログなどで確認したレビューもそこそこ良く、しかもAmazonで380円の破格の安さで、即ポチりました。

キーボードカバー装着感。

1日で商品が届きました。 商品を梱包材から取り出し、取り付けてみました。 <見た目> まずは、MacBookAirのキーボード意匠を損ねない作りになっていました。 ダサいフォントで文字がプリントされているとかなりテンション下がりますが、 Mac対応品ということだけあってその辺は気を使っているようです。 一点残念な箇所がありました。 ホワイトのキーボードカバーを購入したのですが、PC本体のキーボードの黒色部分 一部見えてしまってます。 塗りつぶし忘れたのか・・・ まあ正直そんなに気にならないので良いのですが、ここさえ白ければ★5つでした。 <装着感> キーボードカバーを装着したけどもPCを折りたたんだら浮くとかいう現象もあるようです。 こちらの製品は大丈夫でした。 しっかりとキーボードカバーを装着しながらも本体はしっかりと閉じてます。 <タイピング感> キーボードカバーを付けると全然違いますね。 当たり前ですが、タイピング感は柔らかくなり、タイピングのカチカチ音は低くなります。 ラバー素材なので指が滑りにくくなりますので、慣れが必要な部分があります。 <キーボードバックライト> キーボードバックライトは透過するかどうかみてみましたが、光が結構遮断されます。 電気をつけずに作業するときはバックライトの輝度を高くして使用したほうが良いです。

まとめ

カチカチ音を低くしたいという人はキーボードカバーはおすすめです。 汚れも本体に直接つかないで汚したくない人や、ジュースをこぼしやすい人はキーボードカバーを使ったほうが良いでしょう。 今のMacBook12はキーストロークが浅いのでカチカチ音も小さいので、 今後、11inchが壊れたらそちらに乗り換えようかなと思います。