見たい記事が見つかる!>サイトマップはこちら<

LINE Payカードは高還元2%の最強プリペイドカード!メリットを解説。

ラインペイ

プリペイドカードのLINE Pay カードを申し込んでみました。
プリペイドカードのため手持ちの金額を超える買い物はできません。

脱クレジットカードを目指して利用を始めましたので、1週間使ってみた感想を書いていきます。

プリペイドカードで2%の高還元率!

出典:LINE pay

まず「LINE Payカード」を申し込んだ理由としては、何より高還元率というメリットです。

プリペイドカードと同じような機能をもつカードは他にデビットカードがありますが還元率はかなり低く0.5%程度であり、LINE Payは4倍メリットがあります。

たとえば年間100万円使うとLINE Payは2万円分の還元があり、デビットカードは5000円です。
使うカードの違いだけで1.5万円の差ができます。
これだけのメリットがあ流のに「LINE Payカード」を作らないのは損する人ですね〜。

使い過ぎない安心なカード

プリペイドカードは先払いの現金に近いカードであり、お金を使いすぎる事無く生活ができます
最近コンビニではいろいろなカードが使えるようになりました。

わたしはクレジットカード付帯のIDで支払いをしていたのですが現金が減らないので無意識のうちに使いまくってました。
月に5000円くらいID支払いで使っていることもあり、全て用途不明金です。だいたいお菓子か飲み物ですが。。
全てがムダではなくともクレジットカードだとお金を使っている感覚が無いのでどうしても浪費する傾向になります。

プリペイドカードだとほぼ現金感覚で使えます。

使い過ぎたらプリペイドカードの中のお金が減っていくだけで、使い過ぎることはありません。
明らかに浪費が減ったのがプリペイドにしてよかったです。

日常使いでポイントがザクザク貯まる

LINE Payカードの使い方を工夫すれば日常の支払いでポイントを貯めることができます

例えば、「クレジットカードは使えないけど交通系ICカードは使えるお店」が多くあります。
その場合、最初にLINE Pay → Suicaに1000円チャージ決済することで20円還元されます。
そしてSuicaで支払うという流れで実質20円引きになります。
更に特定の加盟店ではSuica支払いにするとSuicaポイントが貯まりポイント二重取りができます。

この様にLINE Payからチャージを上手く使えばポイントがザクザク貯まっていきます。

貯まったポイントはAmazonギフト券への交換やLINE Payに交換することができます。

LINE Payなら換金率100%で交換できます。

まとめ

LINE Payカードのメリットは高還元率です
今のところ還元率2%ですのでクレジットカードでも2%の還元率は少ないですよね。
もちろん使えるお店も多いです。
JCBブランドなので地元の駄菓子屋さんとかでない限りほとんどのお店で使えます。
年会費無料なのでメリットしかない最強のカードです。
まだ届いて1週間なのでこれからより良い使い方を研究していきます!

関連記事:LINEポイントは、LINE Payへの交換が一番お得!実質換金率102%に。