iPad mini2のキーボードとスタンドを購入。更に執筆環境が良くなった

執筆環境への再投資

少し前にiPad miniと一体型になるキーボードを購入しました。 これはこれで使いやすい部分がありよかったですが、気になる点が2点ございました。 – タイピング時のカチカチ音 – 角度の限度 この2点が気になり、改善すべくキーボードはタイピングが浅い別置き型にし、スタンドも購入しました。 あくまでも外出中のブログ記事執筆を想定したので重くなることを避けて選びました。 今回購入したのは、こちらの2点です。 キーボード:iClever Bluetooth折りたたみ式レザー調 スタンド:Benks タブレット用スタンド3.5-11インチ キーボードは折りたたみ可能でiPad miniと比べても一回り小さく、持ち運び易いです。 キーボードを開くと、自動でBluetooth接続されるのですぐに執筆に取りかかれます。

気になっていた箇所が改善され、更に捗ります。

比較的キーストロークが浅くカチカチ音が気にならなくなり、より執筆に集中できます。 こちらのキーボードは独特なキー配列ですが、タイピングが速くない私でも分割されているキー配列ですのでタイピングし易いです。 iPadの角度に関しては可変スタンドを購入しましたので辛い姿勢になることなく執筆ができます。 スタンドとキーボードは分離されているので電車で膝に乗せて執筆することができませんが、電車の中ではiPhoneのフリック入力で十分です。

執筆アプリも変更。集中度が変わります。

執筆アプリは、Evernoteやoutliner、wordpressを使っていましたが、 執筆に集中できるアプリを見つけました。 それが、「iA Weiter」です。 全画面表示で上部のバー表示が出てこなく、ちょうどWordpressの執筆モードに似ています。 文字を打っているときに、上部のバーが見えているときより格段に集中できます。 しかも、iOSだとiCloudで共有ができます。 例えば、電車の中ではiPhoneで執筆し、 カフェに入ったらiPad miniで続きから執筆が可能です。 iPhoneはコンパクトで場所を選ばないデバイスですが、 文字を打つスピードはキーボードよりも遅い。。 長文を打つときはキーボードで打ったほうが早いので、 持ち運びに便利な執筆環境も重要ですね。 今まで色々試した中でいちばん使いやすので、騙されたと思って試してみてください。

ラップトップ買うべきか、迷う

iPad mini × キーボード × スタンドで執筆環境はかなり充実しました。 しかし、利便性など考えたらラップトップを持っていたほうが 仕事でも使えるし、良いのではないかと思い始めました。 一時期ミニパソコンを持っていましたが小さすぎて使い難かった印象です。 最近ではSurfaceなど10インチ以上で1kg以下のラップトップが登場してきたので 格段に持ち運びやすく、使い勝手が良いラップトップが開発されてきたと感じます。 ただ、Surfaceでいうと価格が10万を超えるので現実的ではないのが実情です。。 しばらくはiPadで頑張ってみます笑 追記:Macbook12を購入しました。 >>>MacbookAir11 2012からMacbook12 2016に買い替えた3つの理由。