2年使ってわかった、格安SIM・格安スマホにするメリット・デメリット

2年前にiPhoneをauでの契約解除し、格安SIM IIJ mioに変更しました。
今ではかなり普及してきており、格安SIMの店舗も確実に増えております。
各社それぞれメリット・デメリットがあるかと思いますが、そもそも格安SIMにしていない人はかなり多いです。

格安SIMにするだけで確実に安くなるので、まだ格安SIMにしてないとか、ほんとバカなの?って思います

節約するなら大きい費用、固定費用から見直すのが一般的ですが、わからないから何もしてない人が多すぎます。
今回は、2年間使ってみた格安SIMのメリット・デメリットを紹介します。

メリット1.「月額料金が安い」

まずは、一番のメリット、安いという点です。
通常のキャリアで申し込むと月額料金7000円くらいです。
それを格安SIMに変更すると、なんと2000円くらいになります


これだけで月5000円/年間60000円の節約です。
年間60000円を積立投資の3%で10年運用すると…70万になります!

スマホに多くのお金を投入して、それ以上のお金が回収できますでしょうか。十分にプラスになるのであれば話は別ですが、みなさんはスマホでネットサーフィンやゲーム、SNSがメインの使い方でしょう。
それで収入が発生するとは思いません。

ちなみに、私はいまスマホでブログを書いているので、月2000円以上に回収できてます。
使い方もそうですが、その料金が見合っているかを再度検討するのも節約の一つです
みなさんは、月額料金以上の価値を生み出している使い方ができていますでしょうか。

 

メリット2.「契約の縛りがない」

今までのキャリア契約ですと2年間の縛りがあり、途中解約すると違約金が2万ほどかかっておりました。
割賦契約しているiPhoneが途中で壊れたら、また同じ機種を書い直さなくてはいけなかったり、2年の更新月で更新しないとまた違約金がかかったりと、変な契約の内容でした。

一方、格安SIMには契約の縛りがありません
そもそもSIMフリーの端末であれば、いつスマホを変えても良いです。iPhoneが壊れたら、安いスマホに変えて、SIMを差し替えるだけで良いのです。
更新月もなくなり、束縛フリーです。

もちろん、契約的に数カ月で解約すると違約金がかかってきますが、2年間の長い縛りはありませんので、数カ月使ってダメだなと感じたら解約して乗り換えれば良いだけです。
今でこそ2年間使っていますが、不便は感じません。

メリット3.「手続きはWEBで完結」

大手キャリアだと窓口で契約しますよね。あれって、意外と時間がかかります。
そしてiPhoneが発売と同時にかなーり混雑して数時間待ちは普通です。
はっきりいって、時間のムダであり、ビンボー人が良くすることですね。私もしてました笑

一方、格安SIMはWEBでの契約が可能です。
待ち時間はありません。
一時的にSIMが家に届くまでのタイムラグがありますが、1日くらいです。

時間をムダにすることなく、格安SIMで節約が可能です。
今では窓口が増えてきましたが、やはり待ち時間がでるのでWEBでの申し込みがオススメです。

デメリット1. 「キャリアメールが使えなくなる」

私は全くもって、デメリットだと感じていませんが、周りは意外とキャリアメール(…@softbank.ne.jpなど)を使っているそうです。
SMSでもメールできますし、今はLINEをメインで使っているひとが多いかと思いますので、不便はほとんどないです。
キャリアメールを毎月7000円払って使い続けることと、キャリアメールを辞めて毎月5000円節約することはどちらが自分にとって良いでしょうか。

 

デメリット2.通信速度が遅い

私が一番感じるデメリットは、大手キャリアより通信速度が遅く感じます。
大阪の梅田で計測してみましたが、ダウンロード速度が4.68Mbpsでした。

周辺でのドコモの平均速度が36Mbpsと表示が出ており、これが本当なら速度が1/8になっているということですので、かなり遅いですね。
まぁ普通に考えれば、ドコモの回線を間借りしている業者の回線なので、大手キャリアより遅いのは当たり前なので諦めてます。
ただ、支障があるかといえば、LINEやネットサーフィンで少し遅いなと感じるくらいなので困りません。
少し重たいファイルなどをダウンロードすると遅いです。
契約数が増えてくると回線が混むので、さらに通信速度が遅くなるようですので、あまり契約者は増えて欲しくないですね笑

 

費用対効果で検討したい

メリット・デメリットを上げましたが、最後は数字で費用対効果を明確にしたほうが良いです。

年間いくら削減できるのか、通信速度が遅くなることによってどれだけの損失がでるのか(ほとんど損失はないと思いますが。)を算出し、費用対効果を経産しましょう。

最後は自分の生活に適したキャリアが重要ですので、必ずしも格安SIMが良いという訳ではありませんが、金銭面ではかなり節約できます。

そもそもガジェットにお金をかけすぎている人が多いです。毎年新しいiPhoneに変えている人もいますが、私はバカらしく見えてきて壊れるまで変えるのをやめました。
iPhobe自体高いので、今のiPhoneが壊れて魅力的なiPhoneがでない場合はAndroidに変えようと思ってます。
早ければ2年に一回、パソコン変えているのと変わらない金額するので。。

削減できた金額などを別の記事にて紹介しておりますので、ぜひご覧ください。


関連記事:月額2000円の格安SIM「BIC SIM IIJmio」で運用。年間料金の削減額を計算してみた。

オススメの格安SIM

IIJmio ドコモ・auプランが選べる格安SIM。私が契約している会社です。
mineo ドコモ・auプランが選べる格安SIM。auプランはApple製品に対応
LINEモバイル SNS(LINE,Facebook,Twitterなど)の通信が無料になる新プラン登場。SNSを多く使う人にはピッタリ。速度は早いとの噂。

 

追記※ 速度が遅くなったため、auに乗り換えました>>>

関連記事:格安SIMからauに乗り換えた理由。新規契約なら支払総額は変わらない。