やっぱり島は不便?竹富島に宿泊する時、気をつけるべき5つのこと。

先日、初めて竹富島に5泊6日の宿泊で旅行にいってきました。

想定はしていましたが、離島ですのでやはり大阪での日常生活と比べると不便さは感じました。

事前情報があると役立つと思ったので観光や宿泊の際に気をつけるべきことを記事にします。

1.高速フェリーは夕方に運行終了

石垣島から離島への高速フェリーが多く出ております。
竹富島までは、石垣港からフェリーで15分ほどと近くの島です。
ただ注意していただきたいのが、高速フェリーは電車のように夜遅くまで運行しておらず、最終便は18時です

時期により運行状況が変わりますので、必ず運行表をもらうか、調べるようにしましょう

2.夜ご飯は電話で営業しているか確認と予約がマスト

ガイドブックを見ていると意外とご飯を食べるお店がありました。しかも営業時間も夜22時と夜遅くまでやっているので、夜ご飯には困らないだろうと考えてました。

実際は、日によって営業していないこともあり、営業時間は20時くらいまでしかやっていませんでした

こちらも季節や、その日のマスターの気分によるものだそうです。

目星をつけて夜ご飯を食べに行く際は、必ず電話で確認して、予約を取りましょう

予約がなかったら開けないお店もあるようですが、逆に予約が入ったら開けるお店もあるようで、臨機応変らしいです。

3.島内の移動手段は歩き or レンタサイクル

島内の移動手段は、基本、歩きかレンタサイクルになります。
観光バスはありますが、路線バスなどはないので履物には注意が必要です。ヒールなどで行くと後悔します笑
島内を歩きましたが、半周するだけでも2時間くらいかかります。歩いて周れないことは無いですが、レンタサイクルがベストです!

集落にいけばレンタサイクルがありますのでレンタルしましょう!

スポンサーリンク



4.コンビニ・スーパーは無い

島内には、コンビニとスーパーはありません!
どうやって食材を調達しているのか不明ですが。。
なので、基本何も売ってないと思ってください。

駄菓子屋さんが1店舗あるので、昼間であれば営業してます。
自販機はありますので、飲み物は大丈夫です。

竹富島で宿泊時は用意してくることをオススメします。

5.銀行は郵便局のみ

銀行も無く、あるのは郵便局のみ。
ゆうちょ銀行のATMでお金が下ろせますが、営業時間も限られてます。
日中であれば、郵便局でATMを使えますが、それ以外は使えませんので、所持金不足にはご注意ください。

総括

竹富島に行って、今の生活がどれだけ便利なのか気付かされました。

夜にコンビニでお菓子を買えたり、お金をおろせたり出来るのは便利です。
しかし、現地の人に聞いてみると、竹富島に住んでるとその便利さは必要ないそうです。

現代人は、便利になった反面、欲求を抑えられなくなっているのかもしれません
たまには不便な環境に行って、不便さを感じることも良い刺激になりました。

悪いことばかり書きましたが、竹富島は本当に最高です。

何度でもいきたい島です。

将来、移住して住みたいと思える島でした。

あーー最高だったぁ。。