マネーフォワードアプリではお金は貯まらない。お金を貯めるなら、管理より仕組みづくりが大事。

Money

以前、お金が貯まりそうなアプリのマネーフォワードのプレミアム会員契約して使っていました。

しかし、その後3ヶ月で解約しました。

なぜ解約したかというと、マネーフォワードは管理ツールでしかないということであり、管理をしたからお金が貯まることはなく、メリットを感じなかったからです。

本気でお金を貯めるとするならお金の管理ではなく、貯まる仕組みを作ることにより、年間100万の貯金ができるようになります。

お金が貯まる仕組みを記事にしていきます。

スポンサーリンク



あるだけ使ってしまう法則

みなさん、パーキンソンの第二法則をご存知でしょうか。

“支出の額は、収入の額に達するまで膨張する” という恐ろしい法則です。

私も社会人になってすぐは、自由に使えるお金が20万もある!と思っていました。
貯金をしなさいと言われて、残ったぶんを貯金に回そうとしてました。

もうおわかりの通り、貯金はたまりませんでした。
なぜかというと、収入額まで支出が膨張してしまったからです。

ある分だけ使ってしまうのはみなさん経験されているかと思います。

今月はあと5万円残ってる!なに買おうかなぁ、とお金が無くなるまで使ってしまう心理が働くようです。

お恥ずかしい話ですが、私は社会人になってから4年間は貯金が全然たまりませんでした。。

「先取り貯金」が王道

あらゆるマネー本を読み、どうしたらお金が貯まるかを調べ続けてました。

そこで、どの本にも書いてある貯金法がありました。

それは、先取り貯金です。

方法としては、給料日に一定額を先に貯金に回すことです。
パーキンソン第二法則の通り、お金はあるだけ使ってしまうので、先に別口座に入れて無かったことにするのです。

例えば、毎月3万は貯金するとして、毎月20万の給料から3万は別の貯蓄口座に移動させます。
最初から20万の給料ではなく、17万の給料をもらっている心構えで取り組めば気持ちが楽になります。

月3万以外は使ってしまってOKとすれば、気持ちも楽になるでしょう。

初めの3ヶ月で生活水準を見極めよう

ここで3万(決めた貯金額)が生活費から減ったからと言って、生活費が足りなくなりクレジットカードを使いすぎたり、キャッシングをしたりと生活水準に合わないお金の使い方はやめましょう。

あるお金の範囲内で生活することが大事であり、まずは自分の生活水準を見極めましょう。

先取り貯金開始から生活水準を決めるまでの流れをご説明します。

■1ヶ月目

まずは何か買うたびにすべてのレシートを残して支出を把握しましょう。
1ヶ月に何にいくら使っているのかを自分で把握しましょう。

■2ヶ月目

把握した支出を元に1ヶ月の予算を決めて、その予算内で生活してみましょう。
2ヶ月目もレシートを集め、決めた予算で良かったか、それとも予算を使いすぎたか、どうだったかを見直しまょう。

■3ヶ月目以降

2ヶ月目と同じく再度見直した生活水準で、生活してみましょう。
2回繰り返すと大体の生活費予算が分かります。
4ヶ月目以降は、立てた予算で生活していきます。5ヶ月立てば、予算内で生活出来るようになります。

 

達成したい目標を設定しよう

さて、そもそもなぜ貯金をしたいのでしょうか。

  • イギリスに旅行に行きたい
  • アメリカに留学したい
  • MBAを取りに行きたい
  • 起業したい

それぞれ実現させたい夢があることでしょう。

私の場合は彼女との結婚したいという気持ちでした。そのため、貯金をしなくては!と思い、先取り貯金を初めました。

ここで伝えたいことは、目標が無いと絶対に貯められないということです。

具体的な目標があるとそれに向けていつ迄にいくら必要かを設定できるので、実現度が高くなります。

例えば、半年後にイギリスに旅行行きたいとします。大中小と逆算した目標を決めて行きます、

  • 大の目標:6ヶ月後にイギリスにいく
  • 中の目標 20万貯める
  • 小の目標 月3.4万貯める

という感じで、目標が明確になります。

また、目標は3年以内の短期目標で立てましょう。

失敗する例は、20代に老後が不安だ…65歳までに4000万貯めると言う理由で貯金を始めても40年後、自分がどうなっているか分かりません。
結婚しているか、子どもが何人いるか、と不確定要素が多すぎ、途中で挫折してしまいます。

目標をできるだけ短期間にして、達成感を感じながらまた新しい目標を作り、継続していくことが大切です。

スポンサーリンク



さあ、先取り貯金を始めよう!

さて、先取り貯金を始めましょう。
月々貯金する予算が決まれば、あとは先取り貯金を自動化するだけです。
自動化する方法としては、3つあります。

  1. 銀行の定期積立をする
  2. ネットバンクの自動振替を利用する
  3. 会社の財形貯蓄を利用する

3の財形貯蓄は会社によりけりですが、実際に給料かた天引きされますし、解約しにくい(人事部など会社の人に伝えなくてはいけない為)ので、貯金をするなら財形貯蓄が一番オススメです

後は、ネット銀行の機能を使って、自動的に積立したり、貯金口座に自動振替する機能もあります。

まとめ

話が長くなったので、まとめたいと思います。

  1. 貯金の目標を決める
  2. 月々の貯金額を決める
  3. 先取り貯金を財形貯蓄で始める

このように仕組みを作ってしまえばあとは待つだけです。
ボーナスも8割貯金する!など基準を決めておきましょう。

みなさんも貯金で夢や目標を叶えましょう。

 

お金が貯まる「体質」のつくり方
西山 美紀 すばる舎 2016-10-18
売り上げランキング : 32188
by ヨメレバ