見たい記事が見つかる!>サイトマップはこちら<

貯金できない人必見!お金を貯めてる人の5つの習慣。

色々なマネー本を読んでいるとお金を貯められる人と貯めれれない人には違いがあります。
私も一人暮らしのときは全然お金がたまらなく、給料日前にはカツカツでクレジットカードに頼る生活を送ってました。

クレジットカードだけで済めば良かったのですが、一時期キャッシングまでしてしまい、個人の信用に傷がついてしまいました。投資用不動産を買う際に指摘があり危うく融資不可になりそうでした(汗)

今ではキャッシングは気軽に出来てしまう時代ですが、昔で言えば消費者金融からお金を借りるということです。キャッシングも年利18%という驚愕の金利ですが、現金がないのでキャッシングしてしまう人が耐えません。

なぜお金が貯まらないのか、そこには何気ない日々の”習慣”が関係しています
お金が貯まる人は意識している5つの習慣を記事にしました。

年収が高い=貯金が多いとは限らない

はじめに、貯金できる人ってどんな人でしょうか?
私は、”年収が高い人”だと思っていました。だから、私もあと月3万円あれば・・・とか、年収が10000万あれば・・・と思ってしまうことが多かったです。

しかし、”年収が高い人=貯蓄が多い”とは限りませんでした

下の表を御覧ください。
”金融広報中央委員会”が公開している「金融資産の有無と金融資産保有額」の統計データです。

出典:金融広報中央委員会

こちらは、年間収入別の金融資産保有率を示しておりますが、なんと、年収1000以上の金融資産非保有率が21%となってます。つまり、貯金など金融資産がゼロの世帯が年収1000万でも21%いるというデータです。
これって意外ではないでしょうか。
年収高ければ貯金が出来るという訳ではないということが明らかになりました。

貯金は年収ではなく、お金を使う習慣で決まります。年収が高いからといって、毎日何度も缶コーヒーを買って飲んでいませんか?ATMで手数料を払ってお金をおろしていませんか?

さて、早速ですがお金を貯めている人の習慣を見ていきましょう。

1.マイボトルを持ち、自販機・コンビニで飲み物は買わない

毎朝、コンビニでコーヒーを買い、昼前にタバコを吸いながら缶コーヒーを買い、お昼にはお茶を買い、午後には休憩の度に缶コーヒーを買い・・・と何度も自動販売機やコンビニで飲み物を買っている人も多いのではないでしょうか。
かく言う私もその一人でした。一日に5回ほど缶コーヒーを買っていました。
試算してみると・・・

<試算>
1日:100円x5本=500円
1ヶ月:500円x31日=15,500円
1年:15500円x12ヶ月=186,000円

まじっすか笑
記事を書いていて意外と高くて焦りました。1年で18万も飲み物にお金を使っているとすると、1ヶ月の給料は飲み物のに消えていく感じですね・・・
仕事をしている意味がないので、飲み物はコンビニや自販機で思い立って買うのは辞めて、マイボトルを持ちましょう!

私もマイボトルを持っていますが、家でお茶をつくって持って行ったり、インスタントコーヒーのスティックを持って行き、会社の給湯器で入れたりと節約が可能です。
コーヒーを良く飲むのですが、インスタントにすると1回20円くらいになりますので、1日5回飲んでも100円です
水でもコンビニで買うと100円はするので、Amazonでまとめて買ってます。

2.ATM手数料は1円も払わない

いま財布にいくら入っているか即答できますか?
だいたいの金額が把握できれいればセーフ。全く把握していないとアウトです!

今持っているお金を把握できてないと、「やばいっ、今から飲みに行くのにお金無い」と、コンビニに走りATMでお金をおろすことになってしまい手数料がかかってしまいます。
手数料を払うことほど無駄なことはありません。
一回引き出すのに108円だとすると、インスタントコーヒーが5回飲めます。
分かっている予定であれば、事前にお金を銀行でおろし、予想外の出費にも対応できる対策をしておかないと無駄金を払うはめになります。
手数料を払わない為には、下の習慣を身につけましょう!

  • 一週間にお金を下ろす回数は1回以内
  • ATMは利用しない
  • ソニー銀行やじぶん銀行、イオンカードセレクトなど、手数料無料のネットバンクを利用する

銀行口座を変えるだけでも手数料無料にすることが出来るので、まずはネットバンク口座へ変えましょう。

3.1週間に財布を開けない日を最低1日作る

1週間にどれくらい財布を開けていますか?
私も意識していなかったときは、1日5回x7日=35回は最低でも開けていたと思います。
お金が出て行くときは財布を開けるときです。お金を貯めたいのであれば、財布を開ける回数を減らしましょう!

まずは、1週間に1日は財布を開けない日を作り、お金を使わない日を体験してみてください。これを体験すると快感です。
平日は難しいという人は休日に一日図書館で本を読んで過ごしたり、家でのんびりしたりとお金を使わずに楽しむ方法はたくさんありますし、むしろ「どうやってお金を使わずに過ごそうかな」と考えるのも楽しかったりします。

まずは1日、財布を隠してやってみましょう!

4.食費は節約しない

お金を貯めようとすると、食事から節約する人が多く感じます。
お昼をいつものパスタから吉野家にしようとかマクドナルドにしようとか、そんなことはしないでください。

人間の身体は、毎日食べる食事から出来ています。食事を節約することは、自分の身体を削ることになり、結果的に病気になりやすくなったり、疲れが取れなかったりして、病院に行くはめになり、診察料や検査代で余計に高くつくことがあります。

節約する方法は外食から自炊にして、しっかりバランスよく採ってください。
外食で食べるものを減らす=節約という考え方はやめましょう!

また、ストレスをためない為にも、好きなものを食べましょう。食べ過ぎは良くないですが、節約といって我慢しては続かない節約になるので効果的ではありません。

しっかりと自炊でバランス良く食べて、好きなものを食べるのが幸せを感じる瞬間だと思います。

5.リボ払い・分割払いはしない

私は冒頭に述べた通り、キャッシングを一時期しており、信用が傷つくことになりかなり反省しました。
リボ払いも分割払いもしたことありますが、支払いを先に延ばすほど金利が掛かります。
これは誰もがわかる常識だと思いますが、人の欲望は怖いことに分かってはいるが支払いを先延ばししたいという気持ちが大きくあります

しかしあえて述べると、「リボ払い」「分割払い」はしないでください
通常金利は18%なので、かなりの高金利でお金を取られます。
先延ばしするだけでお金を取られるのってかなり無駄ではないでしょうか?
リボ払いが可愛い感じで広告されており、一般化する一方で、儲かるのは銀行などの貸し手です。あなたは銀行の人の給料を払うために仕事をしているのでしょうか。
そもそも、リボ払いや分割払いしないと買えないものは資産以外購入しないでください。身の丈に合ってないはずです。

まとめ

「なーんだそんなことか」と思う習慣ですが、侮れないことばかりです。
1日に飲んでいる飲み物から、食べているモノ、財布を開けているだろうかと意識してみましょう。
人は習慣として身につくまでは最低21日かかると言われているので、いち早く5つの週間を意識して実践しましょう

さあ、今日からお金を貯められる人生のスタートです!