【備忘録】のどの痛みに良く効いたもの3選

2016年は3回ほど風邪を引きました。年々、免疫が落ちているのは仕事のおかげです(苦笑)

私は、風邪引くとき、のどが痛くなり、その後、熱が出るパターンが多いです。また、空気が乾燥するとのどが痛くなることも冬になると多くあります。
のどが痛くなると飲食のときにしんどいので、できる限り早く治したいものです。
今回は、何度ものどが痛くなった私がおすすめする、のどの痛みに効いた薬たちを紹介します。

のどぬ〜るガラゴック

飲料タイプの薬です。ガラガラとうがいをした後に、ゴックンと飲み干します。
味は漢方薬のような味で、決して美味しくないです。が、こちらが今までで一番のどに効きました。
良薬口に苦し とはこのことです。3本入ってますが、3本飲み干す頃には大夫良くなっていました。

即効性も高く、一番のオススメです。

※追記※
ホームページを見たところ、既に製造中止になっており、在庫限りだそうです。もっと良い薬が出ればよいですね。

うがい薬(旧イソジンうがい薬)

今では契約切れたのでイソジンとは言いませんが、うがい薬といえばイソジンですね!

のどの菌を取るために、やっぱりうがい薬が良いです。イソジンうがい薬は医療現場でも使われているため、信頼性はバツグンです。

家に帰ったらイソジンを毎日している人もいるかもしれませんが、私はちょっとのどが痛いなと思ったらする程度で対策としては十分でさ。早く治すためにも必須の薬としてます。

龍角散のど飴

 

薬というか、飴です。龍角散のど飴は有名かと思いますが、やっぱり効きます。日中ノドが乾燥してきたら直ぐに飴を舐めるようにしてます。また夜にも飴をなめながら寝ると効果が実感できます。夜に口の中が乾燥して菌が繁殖しやすいので、飴を舐めることにより潤いが保たれます。

龍角散では、寝る前の龍角散ダイレクトという商品とCMも出しており、寝てる時は無防備だという啓蒙をしております。それだけ寝てる時はノドがやられやすいということですね。

まとめ

先日ノドが痛くなった際に、ガラゴックを初めて飲みましたが、かなり即効性がありました。個人の意見なので必ずではないですが、早く治したい方へはオススメできると思います。

また、皆様が喉の痛みが早く治る薬とか教えていただければ、私も試したいと思います!