【文房具】LAMYの万年筆 サファリは、デザインと書きやすさは逸品

今回は、LAMYの万年筆 サファリのご紹介です。
LAMYの万年筆 サファリを妻から貰いました。
万年筆は学生時代に一度挑戦しましたが、落としてペン先が曲がってしまい、それからは落としたら使えなくなるという思い込みにより買うことを控えてました。
今回、LAMY 2000 L401を購入してから、LAMYの万年筆「サファリ」が欲しくなり、妻におねだりして、買ってもらいました。
サファリを購入するか考えているみなさんの参考になればと思います。

LAMYの万年筆「サファリ」

ドイツの文房具メーカー LAMYの万年筆をもらいました。
先日、自分でLAMY 2000 L401のボールペンを購入しております。

わたしはパソコンでメモするよりも、ノートに整理したほうが頭の中ですっきりし、より創造的なことが思いつくので、基本的にノートに書き出すようにしております。

その際に、今までは消けるペンを使用していたのですが、消せるペンに飽きたの万年筆を使ってみよう!と思いたち、プレゼントで欲しいと妻におねだりしてゲットしました。
Amazonであれば定価の半額で購入できますので、店舗で買うよりもお得になってました。

LAMYサファリが届きました

上の写真がパッケージですが、オサレです。
スリットを開ける一手間でこんなオサレになるのはさすがのドイツメーカーです。
このパッケージに入れて状態でお店に置いたほうが売れそうですね。

LAMYサファリを開封!

オサレなパッケージの中には、商品と説明書が入っておりました。
説明書は、国内販売代理店の名前が入った説明書なので、安心出来ます。
万年筆は至って普通ですが、インクが流れないようにコルクのようなもので止められてます。その部分を取ると、インクがペン先まで流れ込み使えるようになります。

書いてみました!


字が下手なのは勘弁ください。
ただ、書きやすいのは間違いございません。
これは、実際に店舗で触ってみないとわからないと思いますが、なめらかで書きやすいです。また、芯の細さは極細が良いです。
万年筆初心者でも全然問題ない商品になってます。

今回は、中身が丸見えのスケルトンにしましたが、多色展開の商品ですので色違いで持っていてもオシャレですね。後々買ってみようかな。

最後まで読んでいただきありがとうございました。