【文房具】カードや領収書などの収納は、モレスキンのポートフォリオが便利

ポイントカードや会員カードで財布がパンパンになっていませんか?領収書やレシートなど財布の中でぐちゃぐちゃになっていませんか?

以前はカードケースを別で持ち歩いていたのですが、カードケースもパンパンになり、カードを探すのも大変でした。当たり前ですが、カードケースはカードサイズ以下のモノしか収納できませんので、汎用性は低いです。

今回は、使用頻度の低いカードや領収書の管理として使っているモレスキンのポートフォリオを紹介します。

モレスキンについて

Moleskineブランドは1997年に生まれ、過去2世紀にわたり、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ、パブロ・ピカソ、アーネスト・ヘミングウェイ及びブルース・チャトウィンという名だたるアーティストや思想家に愛された伝説的ノートブックを甦らせた継承人です。旅のお供にぴったりな、頼れる存在このノートブックは、有名な絵画や人気小説が世に出る前の貴重なスケッチ、走り書き、ストーリーやアイデアを記録してきたのです。

モレスキン・ノートブックは、今日のクリエイティブで想像力に富んだプロフェッショナル達のパートナーです。ウェブサイト、ブログ、オンライン・グループ ,及び バーチャル・アーカイブなどのネットワークを通じて、デジタルな世界とも密接なつながりを持つモレスキンは、世界中において現代の放浪的ライフスタイルのシンボルとなっています。

出典:https://www.moleskine.co.jp/moleskine-world/

ということですが、私的にはオシャレな文房具という感じの認識です。主にメモ帳をモレスキン使っている人が多いですね。メモ帳がオシャレだと仕事出来る人だ!と思わせることが出来ます♪笑

個人的にはソフトカバーの表紙が良い素材を使っているなと感じてから、モレスキンは愛用してます。

メモ帳だけでなく、収納に便利なポートフォリオを発見

あまり使わないカード類や領収書や重要なレシートを収納しておく文房具が無いかと探してました。
探しつづけた結果購入したのは、モレスキン ポートフォリオです!

大きさ種類は「A3」「A4」「POCKET」「XS」の4種類があります。
私が購入したのは、iPhone6より少し大きい「POCKET」タイプです。
XSは名刺サイズで少し小さく仕切りも2部屋しか無いため断念したのと、A4サイズ以上は大き過ぎるので却下。ちょうどPOCKETサイズが様々なモノを入れれる際に便利だと感じたので、こちらを購入しました。

portfolio-size

通常のカードよりも2回りほど大きい作りになってます。
カードは余裕を持って収納可能です。

portfolio-cardsize

5つの仕切りで、カードや領収書の分別が可能

5つの仕切りがあり、6箇所に分別が可能です。

私は「領収書」「ポイントカード」「会員カード」「クレジットカード」「公的カード」「予備」の6つに分けてます。すべて、使用頻度が月1度くらいのカードを収納してます。

視認性が高いので、パッと開いてカードが見え、カードを探す時間も少なくなりました

また、モレスキンというオシャレなものに収納されているので、カードを出す際も見苦しくないです。

パンパンな財布から「どこだっけなぁ、持ってきたんだよなぁ」とか呟いてカードを探す自分も嫌ですし、なんせ探す時間がもったいない。

この収納にしてからカードの紛失やカード忘れも無く、重宝してます。

portfolio-inner

カード20枚だと少し厚くなります。

portfolio-thin

カード20枚を収納しており、少し変形した形になってしまってます。
カードの断捨離をしないと厳しいですね。少し反省。。

見た目は、ノート。このノートは盗難に会いにくいかも?

note&portfolio

ぱっと見はモレスキンのノートです。この中に重要なカードが入っていると思わないでしょう。

私は公的カード(マイナンバーや保険証)やクレジットカードもこの中に入れてます。
盗難に会った時に、財布だけ取られてこのノートが残れば不幸中の幸いになるでしょう。
長財布にすべてのカードを収納していてを財布の盗難に会った場合は、すべて取られてしまいまうので、稀なことですが、リスクを減らせる効果はあるかもしれません!

まとめ

このモレスキン ポートフォリオを気に入っており、先輩にプレゼントしたこともあります。モレスキン好きな先輩でしたので、喜んでもらえました。

購入してから2年くらい使用していますがハードカバーはボロボロにならず耐久性も高い商品で永く使用可能です。

カードケースっぽくないオシャレなデザインを求めているのであればこちらのポートフォリオをオススメさせていただきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。