【保険見直し】生命保険は不要?家計改善で年間78万も貯金できた理由。

お金がたまらない〜と嘆いているあなた!

お金を貯めるなら毎日の食費を削るのではなく、固定費を削減しましょう。

固定費でも日本人の大好きな「保険」の見直しが一番!

 

ボクは親から保険に入っておけと言われ、会社から紹介された保険のおばちゃんに言われるがままに第◯生命に入ってました。

その後、プ◯デン◯ャル生命の友人に保険の話をもちかけられ、信頼できると思い契約しました。

 

その額、月4万円!!

 

老後のためと思いそのときは良いと思って契約したのですが、結婚したら払い続けていけない現実を感じ、保険相談依頼をしました。

結果的に、夫婦2人で保険料金が年間78万円の固定費が下がったので、記事にしました。

 

この記事は、なかなか貯金できない!というあたなに向けた記事ですので、ぜひご一読ください。

保険ビンボー夫婦のはじまり

私の高校の友人から久しぶりに会いたいと連絡があり、東京に出張した際に会いました。

外資系保険会社で働いているとは聞いておりましたが、生命保険の話はでてきませんでした。

後日、「保険屋してるの?ちょっと相談したいんだけど・・・」とこちらから話を聞きたいと申し出て、いろいろと面談した結果、月4万の保険を契約してしまいました。

 

この話を聞いて「アホだなぁ」と思われる方もいらっしゃると思いますが、老後が心配だったので貯蓄型ドル積立保険に入りました。

これが一番高かったですね。

手取り20万ほどの給料の内、1/5が保険に消えていくのは結構苦しかったです。

でも、「これから給料増えていくし大丈夫」と安易な考えでした。

実は、妻へ友人を紹介していたため、同じような保険に入っており、妻も同じく月4万円ほど支払ってました。

 

気づけば、夫婦で月8万円が保険に消えていく生活を送っていた保険ビンボー夫婦となってました。

保険の見直し相談を依頼

近々結婚するので、お金について夫婦で話し合いをしている中で保険料金が異様に高いことに気が付き、急いで保険の見直しを依頼しました。

 

今回、見直し依頼したポイントは「保険代理店」という立場です。

 

保険代理店に依頼するメリットは、販売できる商品が限定的でないため、その人それぞれにあった保障内容の商品を提案することができる点です。

同じ保障内容の保険でも価格が安かったり、禁煙者割引・健康割引などで安くなる保険など様々です。

本来、人はそれぞれの家庭や事情を持ち、年収も違えば、養うこどもの数も違う。将来設計も違う為、十人十色の保険が必要です。
良い商品だけを取り揃えて提案してくれるのが代理店の良いところです。

 

ボクは、みんなの生命保険アドバイザーというサービスから依頼をして、近くの保険代理店の方に来ていただきました。

もちろん相談は無料でした。

 

▼公式サイトから依頼する▼

見直し後の保険

結果から申し上げますと、夫婦で月6.5万円の保険料金を削減しました!

年間にすると、なんと78万円の削減です!!

 

前の保険はというと、貯蓄型保険に加入しており2年以内で解約しても返戻金は0円。

勇気を絞って損切りしました。

 

今は2人共働きで保険料は最低限のみ。

これから子どもが生まれたりして、家族構成が変化していきます。

すーっと同じ保険なんてありえません。

人生のイベントタイミングで見直しをしていけばお金で心配することもなくやっていけるのかなと思います。

保険相談するポイント

担当者さんと面談を数回させていただき、自分たちの人生を組み立てるように色々と聞かれます。

この面談でしっかりと家族のお金の将来設計を決めることが重要です。

いつまでも他人に任せていてはボクのようにお金を奪われるばかりです。

自分たちで考え、前向きに進むことが重要です。

とはいえ、将来のことなんで誰にも分かりません。

何か予定外のことが起こっても保険は修正が効くものです。

 

今回来ていただいた担当者さんは、もちろん初めてお会いした見ず知らずの方です。

ただ、数回の面談で信頼できるかどうかは分かります。

時間通りに来なかったり、資料のミスが多かったりなど、信頼できないような人であれば信頼できないので契約は見送ったほうが良いと思います。

これが友人になると関係が悪くなったりと嫌なので、見ず知らずの信頼できる人に任せるのが良いと思いました。

まとめ

ボクが貯金できなかった理由は、保険の固定費が異常に高かったからです。

削減した78万円は貯金に回せるようになりました。

 

ということで、あなたもまずは保険の見直しを依頼しましょう。

 

保険の見直しといっても「最低限の保険に入り直す」or「保険に全く入らない」という選択肢もあるよと保険屋さんから言われました。

独身であれば基本的に保険に入る必要はありません。

夫婦の場合は、貯金額や共働きかどうかによっても変わってきます。

 

ただ、「保険に入らない」という選択肢もあることを覚えておきましょう。

 

最後に今回紹介させていただいた保険代理店さんは正直出会えて良かったです。

保険の相談したいなと思われた方は、公式サイトから無料相談してみてください。

もちろん保険に入らないという選択肢もありなので。

 

▼公式サイトから無料で依頼する▼