見たい記事が見つかる!>サイトマップはこちら<

年間5万円スマホ料金を削減!月額2000円の格安SIM「IIJmio」で1年運用した結果。

どうも、しんたまです!

2015年にキャリアプランを解約し、格安SIMに乗り換えてから1年経ちました。

スマホ料金が月額2000円になり、削減分を他のことに使うことができました。

では、実際に1年でどれくらい料金を削減出来たのかまとめてみましたので、どうぞご一読ください。

格安SIMを契約

今までは、大手キャリアでiPhoneの2年契約をしてました。

月額6500円という契約内容でしたが、高いとは思っていませんでした。

僕が嫌だったのは、新しいiPhoneが出ても解約時の違約金がかかり、安易に変更できないこと。

そんなとき、格安SIMを知りました。

  • 月額料金も1000円〜2000円と激安
  • SIMフリーにしておけば、新iPhoneの機種変更も解約金なしでできる

これしかない!と思い、IIJmioという格安SIMへ乗り換えを行いました。

SIM変更前の確認事項

キャリアプランから格安SIMに変更するときに、知っておくべきことをまとめました。

  • 1ヶ月のデータ通信量
  • 現在のキャリア契約期間と解約時の違約金
  • 格安SIMが使えるか確認

1ヶ月のデータ通信量

僕の場合、月3GBしか使っていなかったので、格安SIMも3GBプランを契約。

1GBしか使わない人が、7GBの契約したらもったいないので、通信料は各自のスマホの設定画面で確認しましょう。

解約時の違約金

解約の違約金の確認も必須です。

いますぐ格安SIMにしたい気持ちは分かりますが、いま解約したら違約金を支払わなければならない場合は、よく検討したほうがよいです。

契約更新月に解約すれば、大体は違約金は0円です。

あと2・3ヶ月で更新月になるのであれば、更新月に格安SIMにしたほうが損がでない場合が多いです。

計算してから申込をしましょう。

格安SIMが使えるか確認する

iPhoneはキャリアで買った場合、そのキャリアの回線しか使えない仕様となってます。

auで契約したのであれば、au回線しか基本的に使えません。

いまはどのキャリアで購入してもSIMロック解除(SIMフリー化)ができるので問題ないですが、メルカリやヤフオクで買った中古品などは注意が必要です。

IIJ mioが対応している端末は公式ページから確認できるので、チェックしましょう。

格安SIM IIJ mio動作端末確認のリンクはこちら

料金比較

では、実際の料金の比較表をみてみましょう。

プラン 月額料金 音声通話 1ヶ月合計 月の差額 12ヶ月メリット 24ヶ月メリット
キャリア 5700円 (7GB) 800円  6500円
格安SIM 1600円(3GB) 800円 2400円 4100円 49200円 98400円

結果的に、1年経過して約5万円もメリットがでました!

もう1年使うと、2年間で10万円の節約になります。

新しいiPhoneが出たら、今のiPhone6を売り、売った資金+αで新しいiPhoneを購入できます。

SIMフリーを購入すれば、そのままSIMを挿すだけで新しいiPhoneが使えます😆

自由な身になれて最高です笑

 

※iPhoneの金額は含みません。
※月額料金は平均的な価格としております。

格安SIMを1年使ってみて

最初は不安でした。

3GBで足りるかな・・・・

速度が遅くなったりしないかな・・・・

キャリアプランじゃなくて、不便にならないかな・・・

など、考えたら不安要素が結構ありました。

 

実際1年使いましたが、格安SIMでもまったく問題ありません!

 

ただ使い方によっては3GBで足りない方もいらっしゃるでしょう。

たとえば、外で動画やCloud上の音楽アプリなどデータを多く使う方は、データ通信量を気をつけながら使った方が良いですね。

 

最後に

あなたは、スマホの料金が年間5万削減できたら何に使いたいでしょうか?

インターネットやゲームだけなら、スマホ通信料に月6000円以上払うのは高いと思います。

それなら、格安SIMで2000円で使って、節約できた分を自己投資などに回したほうがあなたの人生に役立つでしょう。

まだキャリアスマホで消耗しているあなたはいち早く格安SIMに乗り換えましょう!

 

追記2017.10.6

いままで格安SIMを使っていましたが、格安SIMの人口が増えて、IIJ mioの回線がかなり遅くなってしまいました。

朝の通勤時は1Mbpsでないので驚異的な遅さです。

そして、auキャリアに逆戻りしました笑

 

ここで気づいたのが新規契約の場合、割引があり月3000円くらいで契約ができました。

つまり1000円くらいの価格UPです。

大手キャリア(新規契約)→格安SIM→大手キャリア(新規契約)→格安SIM と繰り返していけば、通信費を極力落とすことができます。

 

僕は、ブログ・仮想通貨トレードなどスマホでやっているので、通信速度は大事な要素です。

通信速度に対してお金を払っても良いかなと思い、安定した通信を供給してくれているキャリアに逆戻りしました。

格安SIMの速度が遅くて困っている!という人は、大手キャリアに逆戻りという選択肢を持っておくべきでしょう。

 

関連記事

格安SIMからauに乗り換えた理由。新規契約なら支払総額は変わらない。