マネークリップを購入。財布もミニマムに生きたい。

あなたはどのような財布を使っていますか?

僕はいままで長財布を使っていました。大学の卒業旅行でイタリアにいったときに購入した、ヴィトンのタイガです。

持ったときの革の柔らかさがお気に入りだったのですが、だんだん「財布大きいな・・・」と思いはじめたところで、ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ –という書籍に出会い、考えが完全にミニマリストになりました。

長財布だと入れるものは多くなるわ、財布は大きくてじゃまだわと思い、マネークリップを探し始めました。

ミニマリストの財布といえば、薄い財布 abrAsusが有名ですが、他にマネークリップってないのかな?と探して、購入まで至りました。

マネークリップって実際どうなのかな?という方向けに記事を書きましたのでぜひご一読ください。

ミニマリストとは?

ミニマリス書籍で有名な、ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ –を読みました。

書籍を読んで、モノを最低限に減らして生活することの豊かさを主張されています。

まあさすがに著者はモノが少なすぎるので、僕は”モノを持ちすぎない暮らし”を意識して、モノの見直しをしてみました。

長財布はモノが入りすぎる

まず見直したモノが財布です。

「財布はお金の在り処であり、お金持ちは長財布をもっている」と主張する書籍も出ており、お金と財布は密接な関係です。

考え方として「お金持ちになりたいから長財布を持つ」ではなく、「長財布を持つビジネスシーンが多い(接待など)会社組織の上層部であるから長財布などある程度見た目が不快でない財布を持つ」という事だと思います。

長財布を持つとお金持ちになれるなら、周りはお金持ちだらけですよね。

 

と長財布にまつわる都市伝説はおいといて、財布の機能に対して長財布は大きすぎます。

カードがたくさん入るのはメリットでもありデメリットでもあります。

なぜならば、カードをたくさん入れたい人にはメリットですし、カードをたくさん持ちたくない人には大きさがデメリットです。

単純に考えれば、長財布はモノが入りすぎるので、ミニマリスト向けではありません。

ミニマリストであれば持ち歩くカードは1〜3枚程度。自分で把握できる枚数であれば、財布を盗まれても混乱しません。

では、何がよいかと考えたところ、マネークリップでした。

マネークリップを購入

イルビゾンテという好きなブランドでお手頃な価格(定価6,500円)購入しました。

マネークリップだと、基本お札しか入りませんので、ミニマムです。カードも2枚以上いれるとパンパンになるので持ち物はミニマムになります。

マネークリップ1購入したマネークリップ

カードも7枚くらいあるのを整理し、3枚(運転免許証、VISAデビット1枚、クレジット1枚)としました。

お金は丸見えですが、今いくらお札があるかが一目瞭然です。

ぱっと中をみれば使いすぎてるかどうかを確認することができます。

マネークリップ2マネークリップの中

財布を変えた感想

長財布からマネークリップにしてよかったです。

長財布のときはカードが7枚も入ってましたが、カード類も整理し、半分くらいに減らしました。

また、銀行口座も生活、引落、貯蓄と分けて整理しました。

お金の流れも整理してとても気持ちが良くなりました。

これからマネークリップを使い倒していこうかと思います。

追記

イルビゾンテのマネークリップをやめて、土屋鞄製造所のマネークリップに変えました。

使っていると、革がペラペラだとお札を取り出しにくいのが理由です。

土屋鞄製造所のものは、本体がしっかりしているのでお札を取り出しやすく、カードも横に向けれいれられます。

マネークリップについての記事も書いてますので、ご覧いただければ幸いです。

 >>【レビュー】ウルバーノバタフライマネークリップを購入。中も外も最高のマネークリップ。